及川奈央&久下恵美が全ての感情を出しきって表現する“オンナ”特有の“毒”

演劇ユニット「類類~Lui Lui~」lの及川奈央と久下恵美(写真左から)
  • 演劇ユニット「類類~Lui Lui~」lの及川奈央と久下恵美(写真左から)

及川奈央と久下恵美(劇団SET)の演劇ユニット「類類~Lui Lui~」が、9月20日(木)~23日(日)、高田馬場ラビネストにて舞台「ワルイオンナ」を公演する。

この舞台は、'11年の初公演「女のキモチ」以来、一年ぶりの第2回公演。及川と久下が演じる姉妹の関係性を軸に、“消えない傷とキレない絆”が描かれた家族の物語。ある日突然、姉・町子(久下)の元に一本の電話がかかってくる。それは、久しく会っていなかった妹・菜波(及川)からの電話だった。しばらく話していなかった妹からの結婚を祝う電話だったが、心から喜べず…というストーリー。物語が進むにつれ、二人の関係がこじれてしまった原因が明かされていく。

今回は稽古場にお邪魔し、「類類~Lui Lui~」の二人にインタビューを敢行。現在の心境や舞台に懸ける意気込みを語ってもらった。

――今回の舞台について教えてください

及川「前回の『女のキモチ』では、女同士の真っ直ぐなぶつかり合いがあったので、今回は女性独特の深みのある毒が出せたらと思って、タイトルだけ先に決めました。女性ならではの強さ、優しさ、弱さ、醜さ、汚さ、かわいらしさの全部を詰め込めたらいいなと思っています。脚本をお願いした北川亜矢子さんから台本をいただいた時は、『この物語を表現するには、私たちがもっと頑張らないといけないな。私たちにかかってる』と思いました」

久下「台本としては本当に洗練された物になってますので、それを役者二人がどう表現するかで、面白くなるか、そうじゃなくなるかが変わってくるなと」

及川「前回は初めてのことも多くて大変だったんですが、達成感の方が強くて。だから今回も『もう一度二人で、もっと勝負してみよう』って」

久下「勝負するにはうってつけの台本ですね!」

――役どころについて教えてください

及川「今回私は、妹とお母さん役の二役なんです。北川さんに『多重人格をやりたい』ってお願いしたら、二役になってました(笑)。せりふが多いんですよ。しゃべりっぱなしですね(笑)」

久下「私はお姉ちゃん役ですね。『登場人物の心情を深く追求できるような役がやりたい』とお願いしました。あとは、普段見られないような女の汚い部分が出せれば(笑)」

――苦労していることは何ですか?

及川「二役でもそうなんですが、(その内の)一つの役でも、感情の切り替えが激しいところですね。ボロボロになっている状態から一番元気な状態になったりするので、そのスイッチの切り替えが苦労しています。舞台なので、次のシーンに切り替わるとそのシーンの感情に切り替えていないといけない。映像作品と違って、瞬時に切り替え続けるというのは初めての挑戦ですね」

久下「『いわゆる演劇的な“お芝居”はいらない』という演出なので、心情で感じたことを相手にぶつけて、返ってきた言葉に感情を乗せてせりふを言う作業をしなければならないところです。いつもの演技よりさらに深く繊細なところに自分を落とし込まないといけないのが大変ですね」

――見どころをお願いします

及川「登場人物の三人の内、誰が“ワルイオンナ”なのかっていうのが、誰に感情移入するかによって変わってくると思います」

久下「見る人の見方によって、登場人物の誰に自分を重ねるのか、もしくは姉妹の関係、親子の関係といった関係性に注目するのか、それぞれで見える景色が違うと思います」

――お二人の「ワルイオンナ」エピソードは?

及川「大親友だと思っていた女友達が、実は私を利用するためだけに付き合っていたということがありました。4年間、仕事でもプライベートでも仲が良くって、毎日一緒にいて、何でも相談してたんですが、ずーっと裏切られてたっていう…(泣)」

久下「以前、私に思いを寄せてくださっていた方がいたんですが、その人の気持ちには応えられないという状況の中、ある日、その人から夜の10時くらいに『転勤してしまうから、最後に会いたい』っていう電話がかかってきたんです。『今飲んでるんで、ちょっと待ってていただけますか』って返事したんですが、飲み会が盛り上がり過ぎちゃって、朝の5時くらいに『やっぱり(行かずに)帰ります』って、ドタキャンしたことがあります。ずっと駅で待ってたみたい。それ以来、その人と会ってないです。ごめんなさーい(笑)」

――最後にメッセージをお願いします

及川「『類類~Lui Lui~』として年に一回の勝負の公演なので、ことしも本気で勝負しますので、ぜひ見に来てください! 心を込めて演じます!!」

久下「今後、いろんな作品をやるとは思いますが、これほど自分たちの感情をむき出しにするお芝居はないと思うので、お互いそこを大事にして演じます! 家族のお話なので、誰もが持っている感情のどこかに当てはまると思います。ぜひご覧ください!」

舞台「ワルイオンナ」
9月20日(木)~23日(日)
高田馬場ラビネスト

類類~Lui Lui~オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/luilui-naomegu/

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報