サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

前田敦子は問題児!? あっちゃん、渡哲也に気を遣わせる

制作発表に登場した前田敦子
  • 制作発表に登場した前田敦子

10月1日(月)に「平成24年度文化庁芸術祭参加・日中国交正常化40周年特別番組『強行帰国~忘れ去られた花嫁たち~』」(夜9:00-11:15)がTBS系で放送される。それに先駆け、都内で制作発表が行われ、出演者の渡哲也と前田敦子が登場した。

同作品は、日中両国に翻弄されながら、その運命に果敢に立ち向かった元日本兵と12人の女性たちの姿を描くドキュメンタリードラマ。日中戦争から戻った日本兵・国友忠(渡)は、戦後、浪曲師として活躍しながら、中国残留邦人の一時帰国を助ける「春陽会」を主宰していた。そんな中、浪曲の三味線を弾いていた沢村豊子(藤吉久美子)の娘・弘子(前田)は、独りで奮闘する国友の姿を見て、「春陽会」の手伝い始める…というストーリー。

前田は「今回、(AKB48を)卒業して初めて“前田敦子”として仕事をさせていただきましたが、渡哲也さんという大先輩の背中を見ながら、必死に付いていくことしかできなかったんですが、こんな素敵な場所に来させていただいて、本当に幸せな瞬間でした。私と同世代の方たちにも見てもらって、いろんな歴史を一緒に分かっていただけたらと思います」とあいさつ。

初共演について聞かれた渡は「苦労したのは、どのようにして前田さんを私の方に向かせられるかということですね」と答え、「初日からせりふのやりとりがありましたから、話し掛けていかないといけなんじゃないかと思って、くだらない質問をして…『趣味はなんですか?』とか、『お父さんおいくつですか?』とか(笑)」と明かし、会場を沸かせた。一方、前田は「(劇中同様)『おじちゃん』って、プライベートでも呼びたくなるくらい、たくさんの交流をさせていただきました。本当にうれしかったです」と話した。

また、記者から「お会いする前のAKB48の前田さんという存在をどう思われていましたか?」と聞かれた渡は「正直、AKB48は知っていましたが、本当に失礼なんですが…存じ上げなくて…」と恐縮。そんな大俳優の恐縮する姿に会場は笑い声に包まれていた。

平成24年度文化庁芸術祭参加・日中国交正常化40周年特別番組
「強行帰国~忘れ去られた花嫁たち~」
10月1日(月) 夜9:00-11:15
TBS系

キーワード

[PR] おすすめ情報