銀座で味わえる熊本の500円“フルーツランチ”って?

20食限定「贅沢フルーツのランチ」(500円)
  • 20食限定「贅沢フルーツのランチ」(500円)

銀座熊本館2階くまもとサロンでは、2/27(金)〜3/1(日)の3日間限定で「Cafe de kumamoto」がオープンする。

昨年に引き続き第2回目となるこのフルーツパーラーでは、デコポンやひのしずく(イチゴ)を使ったフルーツ白玉や、フルーツアラカルト(価格未定)、デコポンスムージー(250円)、フルーツティー(価格未定)などが登場。その中で注目なのが20食限定の「贅沢フルーツのランチ」(500円)だ。

気になるランチの内容は、熊本で有名な「林檎の樹」というパン屋で作られた自家製パンに、全て熊本県産の生鮮野菜を使ったサラダ、糖度が13度以上あり非常にジューシーなデコポンと大玉で糖度が多く酸味が少ないひのしずく(イチゴ)。ただ、それではちょっとボリュームが足りないのでは、ということで、半熟卵が追加され、全5品がそろうメニューとなっている。

確かに量は控えめなものの、見た目がかわいらしく新鮮なフルーツが食べられるので、銀座のOLさんには人気が出そう。ヘルシーなランチとしてこの期間に味わってみるのもいいだろう。

同じく3/1(日)まで開催中の「くまもとフルーツフェスタ」で、この時期が旬のデコポン、ミカン科の果物の一種“ばんぺいゆ”、温州みかんと八朔の交配種“スィートスプリング”や、レモンなどの柑橘類とひのしずく(イチゴ)のフェアを実施する。

熊本館1階には、熊本名産品が数多くそろう「観光物産プラザ」があるので、熊本に行ったつもりで立ち寄ってみてはいかが?【東京ウォーカー】

※「贅沢フルーツのランチ」写真のパンはイメージ

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報