足立区と調布市の“週末秋花火”へ出かけよう!

「第34回足立の花火」は4幕構成。3幕の特大富士と最終幕の約4500発のスターマインは見どころ
  • 「第34回足立の花火」は4幕構成。3幕の特大富士と最終幕の約4500発のスターマインは見どころ

一気に涼しくなってきた秋の週末は、アウトドアも芸術も楽しみたい。そんな方に“週末秋花火”はいかがだろうか?8月で概ね終了してしまった花火大会だが、10月は秋限定の花火が開催されるのだ。

「第34回足立の花火」は10月13日(土)に開催される。区制80周年とミレニアムな年なので、例年よりも5000発プラスされて迫力増!濃縮された迫力と、ショーのような構成を楽しめる。合同開催となる「あだち区民まつり A-Festa2012」(荒川河川敷)と合わせて楽しみたいところだ。

さらに、その一週間後の10月20日(土)に開催されるのが「第30回調布市花火大会」。注目は大会の代名詞とも言われている“ハナビリュージョン”。毎年、変わるオリジナルメドレーとノンストップの花火が競演し、多摩川河川敷がライブステージさながらに変身する。

秋の夜空に描かれる光の芸術に心ときめかせてみては。【詳細は10月2日発売の東京ウォーカー19号に掲載】

■第34回足立の花火
会場:荒川河川敷、打上場所は千住側
日時:10月13日(土)18:00~19:10※荒天時は14日(日)に順延、両日荒天の場合は中止
電話:03-3880-0039(お問い合わせコールあだち)
規模:約1万5千発、昨年は約56万人来場

■第30回調布市花火大会
会場:布田会場、多摩川会場
日時:10月20日(土)17:50~19:00※荒天時は21日(日)に順延、両日荒天の場合は中止
電話:042-481-7311(調布市花火大会実行委員会)
規模:約9千発、昨年は約35万人来場

キーワード

[PR] おすすめ情報