アシュトン、ホアキンのラッパー転職を称賛

リスペクトさ
  • リスペクトさ

米国のテレビ番組出演中にまたもや奇妙な受け答えを見せて“いよいよヤバいのか”と報道されているホアキン・フェニックスについて、アシュトン・カッチャーが自らのブログに「彼はわざとやっているのか?」「ちょっと変だ」と書き、ホアキン批判発言としてマスコミに取り上げられていた。

しかし、アシュトン本人はホアキンを批判するつもりではなかったそうで、むしろ“俺の道”を進んでいる彼のことを尊敬しているという。「僕のブログとホアキン・フェニックスについての報道は全く正しくないし、言葉尻だけをとらえて伝えられている。僕は彼の驚くべき芸術性と才能に脱帽しているんだ」とブログに書いている。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報