志摩スペイン村が15周年! アニバーサリーイベント始まる

キャラクターの新衣装
  • キャラクターの新衣装

三重県志摩市の志摩スペイン村がことしの4/22で開園15周年を迎える。これに先立ち、2/28(土)より記念イベントがスタート。関係者向け内覧会が行われ、ダルやチョッキーらキャラクターの新衣装などが披露された。

15周年のイベントの目玉として、まず宝探しイベント「スペイン無敵艦隊の財宝を探せ! in志摩スペイン村」を5/31(日)まで実施する。宝の地図に書かれた暗号を頼りに、園内に隠された宝箱を探して“キーワード”を収集。最後の宝箱を見つけ出すと賞品がもらえる。地図は難易度に応じ2種類あるので、親子で参加可能。同施設によると「園内を知りつくしたキャストでも、解くのに40分かかった」とのことで、手ごたえのある宝探しになりそうだ。参加料として地図(1冊500円)の購入が必要。

園内カルメンホールでは、15周年記念フラメンコショー「四季・フラメンコ」を10年1/31(日)まで開催。スペインフラメンコ界のホープ、ホセ・バリオス氏が構成・振り付けを担当し、完成度の高い情熱的なステージを繰り広げる。上演は1日2〜4回予定で各30分。料金はワンドリンク付きで500円(当日予約制)。

このほか記念のテーマソングを制作。“ロックとフラメンコの融合”をテーマに活躍中のアーチスト・Rockamenco(ロッカメンコ)の「ビバ・アモール」が、園内BGMなどで流される。GWや夏休み恒例の花火&ナイトパレードにはレーザーの演出が加わるうえ、秋の連休(9/19〜23)にも初実施。さらに7/11(土)には新アトラクションが登場予定と、アニバーサリーにふさわしい盛りだくさんの1年になる。

入園は大人2800円、すべてのアトラクションや無料ショーにも有効なパスポートは入園料込み4800円。【東海ウォーカー】

※開園時間は季節により異なるので、ホームページを参照してください

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報