トム・クルーズ、今度はロンドンのトラファルガースクエアをシャットダウン!

トラファルガースクエアを封鎖して撮影を行った
  • トラファルガースクエアを封鎖して撮影を行った

キャメロン・クロウ監督作『バニラ・スカイ』(01)の撮影のため、ニューヨークの観光名所で知られるタイムズスクエアを封鎖したことで知られるトム・クルーズが、今度はSFアクション『All You Need Is Kill』(全米2014年3月14日公開)の撮影のため、ロンドンの中心部にあるトラファルガースクエアを封鎖したことがわかった。

同作は、桜坂洋の同タイトルの小説が原作で、近未来を舞台に、トムは謎のエイリアンと戦うビル・ケイジ中佐に扮しており、数ヶ月の間、撮影のためにロンドンに滞在している。

ピープル誌によれば、「現地時間の11月26日早朝、多くの観光客が訪れる観光名所トラファルガースクエアを封鎖し、撮影を行いました。狭い広場にヘリコプターを着陸させるなど、本格的な撮影を敢行した」という。

『ボーン・アイデンティティー 』(02)、『Mr.&Mrs.スミス』(05)のダグ・リーマン監督がメガホンを取る同作には、エミリー・ブラント、ビル・パクストンらが出演しているが、名所を完全封鎖するというのは徹底したプロフェッショナリズムを持つ大スター、トム・クルーズらしいやり方で、今から公開が待ち遠しい。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報