ライフスタイル

デパガの“歴代制服”がズラリ!銀座最古の百貨店・松坂屋が展示

東京ウォーカー(全国版) 2012年11月28日 13時35分 配信

すべての写真を見る(9件)
11月28日(水)、銀座初の百貨店として1924年12月1日に誕生し、今年で88周年を迎える松坂屋銀座店が、これまでデパートガールが着用してきた“歴代制服”の撮影会を実施。70年代初めに着用された制服のレプリカなど、様々な制服が現役デパートガールたちにより披露された。

今年で88周年を迎える松坂屋銀座店は、来年の建て替えのため、一時閉館。“最後の誕生祭”として、同日から回顧展を開催(※12月11日まで)する。百貨店業界の先駆的な存在だった同百貨店は、他のどの百貨店よりも早く、女性社員の制服を完全に洋装化してきたが、今回の撮影会では、案内係が着用してきたという数々の制服を現役のデパガたちが紹介した。1972年に着用された水色のワンピースや、1987年のワイン色のツーピースなどは、レトロな雰囲気満点だ。

なお、12月1日(土)には、同百貨店にて、これらの歴代制服をモデルやデパガたちが紹介するファッションショーが開催される。銀座の歴史を感じに、是非見に行ってみては?【東京ウォーカー】

おすすめ情報