WEB連載【GEAR'S VOICE Vol.21 PART1】ノンバーバルパフォーマンス「ギア-GEAR-」マイム俳優・岡村渉インタビュー@『ラジオカフェ』

ノンバーバルパフォーマンス「ギア-GEAR-」出演中のマイム俳優・岡村渉さん
  • ノンバーバルパフォーマンス「ギア-GEAR-」出演中のマイム俳優・岡村渉さん

京都の街で絶賛公演中のノンバーバルパフォーマンス「ギア-GEAR-」の連載コラム第21回目(毎週木曜日更新)。今回も制作スタッフの大名(だいみょう)が、「ギア」マイム俳優・岡村渉さんにインタビュー。

「こんにちは、観光客の方々で賑わう秋の京都も、先日の3連休を過ぎ、徐々に冬のよそおいが濃くなってまいりました。みなさま、いかがお過ごしでしょうか? 今回は『ギア-GEAR-』に出演中のマイム俳優・岡村渉さんに、公演会場である1928ビル1階の『ラジオカフェ』さんにてお話を伺いました」

大名:本日は『ラジオカフェ』さんにお邪魔しています。選ばれたきっかけは?

岡村:今回初めてお伺いするのですが、ギアの会場と同じビルにあるカフェなので以前から来てみたいと思っていました。おしゃれな店内ですし、お料理もヘルシーでボリューム満点ですね。男性の方も満足できるのではないでしょうか。

大名:現在マイム俳優として活躍中の岡村さんですが、いつ頃から活動されているのでしょうか?

岡村:実は、マイムを初めてからの期間はそれほど長くなくて、今でだいたい5年目くらいなんです。

大名:そうだったんですね。それまではどのような人生を歩んでこられたのですか?

岡村:小さい頃は大のサッカー少年で、暇さえあればずっとボールを蹴っていたように思います。中学に入ってからはバンド活動をはじめ、ドラムを担当していました。高校に入ってもその熱は冷めず、本気でプロのドラマーを目指すほど夢中で取り組んでいたんですよ。

大名:大学では芸術を学ばれていたそうですが、そのきっかけは何だったのですか?

岡村:プロのドラマーになるためには、大学に行ったり別の仕事をしたりしながら少しずつ仕事を獲得していくのが通例だそうで、とりあえず大学に進学するようにドラムスクールの先生に言われたんです。ただ、高校時代はずっとバンド活動に明け暮れていたので、全然勉強はしていなかったんです(笑)。それで、小さい頃から得意だった絵画でなら進学できるんじゃないかと、芸術の大学を受験しました。父親が絵画と彫刻の先生なので、幸い、絵を描く環境は整っていたんです。実際、小学校くらいの頃から油絵なんかも描いていましたし。そして、今度は絵を描くことにどんどん夢中になっていったんです。何にしても、どっぷり浸かるタイプなんでしょうね。それからは、画家を目指すようになりました。デザイナーではなく、あくまでも画家。表現者になりたかったんです。ドラムにしても絵画にしても、常に自分自身を表現できる場所や方法を探していたんだと思います。

【GEAR'S VOICE Vol.21 PART2】へ続く。

【ノンバーバルパフォーマンス『ギア-GEAR-』とは?】


ブロードウェイの『ブルーマン』や韓国の『ナンタ』などで注目を集めた「ノンバーバルパフォーマンス」とは、言葉を全く使わない新しいタイプの舞台公演。『ギア-GEAR-』は、マイム、ブレイクダンス、マジック、ジャグリングの超絶パフォーマンスとプロジェクションマッピングなどのテクノロジーが融合した、日本発・日本初の非言語エンターテイメント。舞台は古びたおもちゃ工場。かつてその商品だった人形「ドール」が、作業を続ける人間型ロボット「ロボロイド」とふれ合い、感情を獲得し、人間に近づいていく感動の物語。2012年4月よりロングラン公演をスタートし、9月より新たにVer.2.00を上演! 大人から子どもまで、日本語がわからない外国の方でも楽しめる、70分100席限定の衝撃体験。



【ノンバーバルパフォーマンス『ギア-GEAR-』】

会場:アートコンプレックス1928
住所:京都市中京区三条通御幸町角1928ビル3F
問い合わせ:0120-937-882
フリーコールをご使用できない場合 075-254-6520(有料)
<公式サイト> http://www.gear.ac
<公式facebook> http://www.facebook.com/cco.gear
<公式twitter> @nvpgear

【ラジオカフェ】
住所:京都市中京区三条通御幸町角1928ビル1階
TEL:075-229-7670
営業時間:11:30~22:00
定休日:特定日以外は無休
アクセス:地下鉄東西線「京都市役所前駅」より南へ徒歩5分

キーワード

[PR] おすすめ情報