築地本願寺で、ロックする!

ありがたロック!
  • ありがたロック!

築地本願寺(東京都中央区築地3)では、8/23(土)に「本願寺LIVE 他力本願で行こう!2008」と題し、ライブなどを行う。05年から続くこのイベントは、ことしで4年目。

初回の05年はみうらじゅん氏が出演。3000人以上が列をなし、入場規制をかけるほどの盛況ぶり。06年はZAZEN BOYSの向井秀徳氏をヘッドライナーに迎え「南無阿弥陀仏」のコール&レスポンスが本堂いっぱいにこだました。昨年は遠藤賢司氏のステージでの、激しいギターのカッティングが特に人気だった。

ことしは「いとうせいこう&POMERANIANS」「二階堂和美」「DE DE MOUSE」「KAN」などのアーティストが参加。築地本願寺というある意味アヴァンギャルドな空間に負けない実力と個性を持ち合わせ、かつイベントの趣旨を「おもしろそう」と共感する人に出演オファーをしたという。

ライブは入場無料だが、8/15(金)・16(土)・17(日)に行われる同寺の晨朝勤行(じんじょうごんぎょう:朝のおつとめのこと)に参加した人には入場券の先行配布をおこなう(予定枚数に達し次第、配布終了)。

またアーティストライブだけでなく、11:00より境内イベントとして「フリーマーケット」「縁起カフェ(雅楽・声明の実演、仏事相談)」「フードコート」「無農薬野菜・フェアトレード物品販売」などが行われる。

同イベントを訪れるのは20代後半から30代前半が大半。運営する築地本願寺の杉生値(すぎうあきら)氏は「仏教は人がよりよく生きていくための指針。昨今の殺伐とした世にあって、私たちが学ぶべきことがあふれています。最近それに気が付き、仏教に興味をもつ人が増えましたが、まだまだ若い人たちには“寺”は敷居が高いとのイメージがあるようです。イベントを通してそれを覆し、仏教の知恵に触れる機会となれば幸いです」と語る。【東京ウォーカー/高柳舞】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報