『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』続編にコリン・ファース、ヘレン・ミレンが出演交渉中!

イヴリンを演じる名女優ジュディ・デンチ
  • イヴリンを演じる名女優ジュディ・デンチ

定年を迎え、インドに移住したイギリス人の男女6人が織り成す人間模様を描き出した『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』(2013年2月1日公開)。日本公開を前に、本作の続編が製作されることが決定し、その新たな出演者にコリン・ファースとヘレン・ミレンが出演交渉中だという。

コリン・ファースは『英国王のスピーチ』(11)で第83回アカデミー賞、第68回ゴールデングローブ賞の主演男優賞に輝いたイギリスを代表する俳優。ヘレン・ミレンは『クィーン』(07)でエリザベス2世を演じ、第79回アカデミー賞、第64回ゴールデングローブ賞で主演女優賞、第63回ヴェネチア国際映画祭ほか7部門で女優賞に輝き、2003年12月には大英帝国勲章を受勲、デイムの称号を持つイギリスが誇る名女優だ。その他、本作に出演したジュディ・デンチ、トム・ウィルキンソン、マギー・スミス、ビル・ナイらも続編への出演に前向きとのことで、実現すれば、イギリスの名優たちによる共演が見られる可能性も。脚本のオル・パーカーは、続編で本作の原作(デボラ・モガー「THESE FOOLISH THINGS」)では描かれていなかった、7人の男女のその後についての脚本を執筆中で、数ヶ月後に完成する予定だ。

また、第15回ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワードに、作品賞・監督賞・主演女優賞(ジュディ・デンチ)・助演男優賞(トム・ウィルキンソン)・助演女優賞(マギー・スミス)がノミネートされており、12月9日(日)に受賞結果が発表される。12月13日(木)に発表される第70回ゴールデングローブ賞のノミネートにも期待が高まるなど、今後の賞レースにも注目だ。【Movie Walker】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報