松坂桃李&武井咲が擬似恋愛!?現場での相思相愛ぶりをアピール

の初日舞台挨拶に登壇した松坂桃李と武井咲
  • の初日舞台挨拶に登壇した松坂桃李と武井咲

水波風南の人気コミックの映画化『今日、恋をはじめます』(12月8日公開)の初日舞台挨拶が、12月8日にTOHOシネマズ六本木で開催。主演の松坂桃季、武井咲らが舞台挨拶に登壇。武井は「こういう恋愛、良いな、憧れるなと思いながら撮影できました」と、笑顔で挨拶した。その後、「恋愛ぶっちゃけトーク」で会場は大いに盛り上がった。

本日登壇したのは、松坂、武井、木村文乃、青柳翔、山崎賢人、新川優愛、高梨臨たち若手俳優陣と古澤健監督。女性陣から「これをされたら好きになること」について質問が。松坂は「お弁当を作ってきてくれる。学生の時とかだと、ちょっと早起きして作ってみたとか。経験がないから妄想しちゃう」と鼻の下を伸ばした。青柳は「ベロベロに酔っ払った時、軽くあしらってくれる人」と、飲兵衛の一面を見せた。山崎は「家庭的な感じ。家へ帰って来て、料理にする?お風呂にする?みたいな」と言うと、古澤監督から「若いのにエロイ」と突っ込まれた。

武井たちは、「胸キュンになる男性の仕草」について尋ねられると、高梨が「運転する仕草」、新川が「ギャップです。普段、コンタクトの人がふっとメガネをかけた姿とか」、木村が「レディファーストに弱いです」とコメント。武井は「思い切り笑った時の顔、ぐしゃぐしゃの顔が好きです。桃季くんもそうなるよね」と語った。また、「こんな男性、好きになれない」というお題については、武井は「靴下に穴が空いてる人が嫌です」と言うと、青柳が裸足&靴をアピール。武井は「あ!本当だ。ワイルドだ」と弾けるような笑顔を見せた。

最後に、テレビドラマ「GOLD」「アスコーマーチ」に続いて3度目の共演となった松坂と武井が、互いの思いを口にした。松坂は「すごく彼女に支えられてるなと思いました。人を愛するってことを画面を通して伝えるのって特殊なこと。今回、相手が武井咲という女優で、彼女が日比野つばきを演じてくれたからこそ、僕の椿京汰があるんだと思いました」と武井に礼を述べた。武井も「全く同じ気持です」と告白。「3回目の共演で、やっとちゃんと話せました。恋人役ということで、がっつりコミュニケーションを取らせてもらって、桃李くんの良いところとかたくさん見られました。現場へ行くのが楽しみで、擬似恋愛してる感じでした」。

『今日、恋をはじめます』は、武井扮する恋愛経験ゼロの昭和女、日比野つばきと、松坂扮する校内No.1のモテ男、椿京汰が織り成す学園ラブストーリー。松坂、武井という今、最も輝く若手スターが、心ときめく凸凹恋愛物語を繰り広げるということで注目度大である。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報