年賀状にも使える!2013年は痛印がブームの予感

美少女キャラクターがデザインされた注目アイテム“痛印”
  • 美少女キャラクターがデザインされた注目アイテム“痛印”

痛車や痛チャリ、痛PC、痛iPhoneなど、人気アニメやゲームのキャラクターがデザインされた“痛アイテム”が続々と登場し、話題を集めている昨今。そんななか、美少女キャラや可愛らしい動物キャラが描かれた印鑑“痛印”が開発され、密かなブームとなっている。

こちらの痛印は、オーダーメイドで印鑑を作ってくれる通販店「痛印堂」で実施中のサービス。まずは同社の公式サイト内で柘植印鑑やネーム印、スタンプ印など、作成したい印鑑の形式を選び、指定のフォーマットに合わせて痛印にしてほしいイラストを用意する。続いて柘植印鑑なら印材の種類やサイズを、ネーム印ならサイズとケースカラーを選んで発注をかければ、最速で入金当日に商品を作成、発送される仕組みになっている。

完成した印鑑は、見た目が可愛らしいだけでなく、名前を入れておけば銀行の口座開設や宅配便の受取印としても使用することが可能。改まった場面でこちらの痛印を使えば、周囲が驚くこと間違いなしだ。

なお同サイトでは、痛印の好調な売上を記念して、印鑑から印鑑ケース、化粧箱、捺印マットに至るまで、すべてのアイテムに人気絵師・珈琲貴族さんの描き下ろしイラストが入った限定商品「至高の痛印」を発売したところ、予約受付開始からわずか20分で完売になってしまったという。これは印章業界でも前代未聞の出来事だそうで、それだけ痛印に注目が集まっていることの表れだと言えるだろう。

最近では結婚式の引出物としても発注がかかるなど、着実に認知度を高めつつある痛印。気になる人は早速購入して、年賀状に使ってみるのも面白そうだ。【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報