ユル可愛さが肝!?LINEのオリジナルキャラグッズが激売れ中

コロンとした丸い頭がキュート!ぬいぐるみM(各2940円)、ぬいぐるみ2S(各2100円)
  • コロンとした丸い頭がキュート!ぬいぐるみM(各2940円)、ぬいぐるみ2S(各2100円)

世界中で7500万人以上が利用している無料通話&メールアプリ「LINE」。その人気を裏付けるかのように、LINE内のキャラクターたちのグッズが爆発的に売れ、話題になっている

LINE内のキャラクターで有名なのは、お月様のようなまんまるフェイスがキュートな“ムーン”、ポーカーフェイスの“ブラウン”、怒ったり泣いたり笑ったり、気分屋の“コニー”など。もちろんLINEを始めなければ知らないキャラクターだが、2012年8月末に発売したマスコットストラップを皮切りに、フェイスクッション(各2100円)、マスコットストラップPart2(各200円)など、商品を多数展開中だ。

LINEのキャラクターグッズが生まれたきっかけは、タカラトミーアーツの佐藤涼子さんのひらめきから。「LINEは、4月くらいから仕事で使っていました。ある日スタンプを使っていて思ったんです。“これグッズ化したらいいんじゃない?”って」。佐藤さんはすぐに上司にグッズ化を提言、それからわずか1か月後に、ストラップのサンプルが完成、発売まで発展した。

こうして2012年8月末に販売を開始した「LINEキャラクターマスコットストラップ」は、大ヒットを記録。初めて世に出るキャラクターグッズは15万個出ればヒットというガチャ市場で、何と40万個を売り上げる大人気商品になった。

そして2012年秋からは、ぬいぐるみやソフビの販売を開始。「ぬいぐるみも、通常と比べて1桁多いくらいの受注をいただいています。キャラクターのパワーを感じますね」と語るのは、ぬいぐるみ企画部の会 美津代さんだ。表情豊かなLINEのキャラをグッズ化するうえで、最大のポイントは“再現性”。「ぬいぐるみは、綿の詰め具合からブラウンの鼻の位置、コニーの耳の長さまで、細かい部分にも気を配りました」と会さんは話す。

スマホから飛び出て、実生活でも人気になっているLINEのオリジナルキャラグッズたち。担当者が試行錯誤を繰り返し再現した、独特の“ユル可愛さ”も激売れの秘密の一つだ。話題のキャラグッズを、是非手にとってみて!【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報