年の瀬の風物詩「歳の市」で正月準備

代官屋敷を中心とする通称ボロ市通りには、1日15万以上の人出となる。5年ぶりに代官行列が練り歩くのも楽しみだ(12/15、13年1/15)
  • 代官屋敷を中心とする通称ボロ市通りには、1日15万以上の人出となる。5年ぶりに代官行列が練り歩くのも楽しみだ(12/15、13年1/15)

現在でも江戸時代の名残と雰囲気を伝えている歳の市。「歳の市」とは、正月用品や祝儀物を打つ市のことで、江戸も街には多くの市が立ったという。多くの人でにぎわう市へ、年末年始の縁起物を買いに出かけよう!

■ 世田谷のボロ市【世田谷駅】12/15、16、13年1/15、16

1578年に小田原城主・北条氏政がこの地に楽市を開いたのが始まり。骨董・古着・植木・玩具・食料品など様々な約700の露天でにぎわう。住所:世田谷区世田谷1ボロ市通り周辺、開催時間:9:00〜20:00頃、交通:世田谷駅、上町駅より各徒歩5分

■ 納めの観音浅草橋の市(羽子板市)【浅草駅】12/17〜19

納めの観音詣の縁日にあたる。縁起物の押絵羽子板や羽根、凧の露天が約50軒並び、その売り口上にも風情がある。住所:台東区浅草2−3−1浅草寺境内五重塔前、開催時間:9:00〜22:00頃、交通:浅草駅より徒歩3分

■ 薬研堀不動尊納めの歳の市及び大出庫市【東日本橋駅】12/27〜29

戦後一時中止していたが、1962年に復活。問屋街が協賛して大安売りの露天を出して盛況に。住所:中央区東日本橋2不動院通り・仲通り・清杉通り、開催時間:11:00〜20:00、交通:東日本橋駅B3 出口すぐ

■ 大國魂神社 晦日市【府中本町駅】12/31

江戸時代初期に始まる晦日市。初詣前に一年間の御礼参りをし、新しい生活用品を買いそろえ、新年を気持ち良く迎える、昔ながらの風習を伝える。住所:府中市宮町3−1大國魂神社参道、開催時間:10:00〜17:00頃、交通:府中本町駅、府中駅より各徒歩5分

■ 人形町 歳の市【人形町駅】12/25〜31

老舗店舗が並ぶ人形町通りに、しめ縄飾りなどを中心に売る露店が約35軒立つ。夜には提灯がともり、下町情緒たっぷり。住所:中央区日本橋人形町1〜2人形町通り、開催時間:9:30〜20:00頃、交通:人形町駅A1〜3出口、水天宮前駅7・8出口すぐ

【詳細は12月11日(火)発売号の東京ウォーカーに掲載】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報

注目のキーワード