チュート徳井、映画「莫逆家族」で新境地を見せるも、「がんがん、ファンに手ぇ出していこうと思ってます!(笑)」

初の主演映画について語るチュートリアル・徳井義実
  • 初の主演映画について語るチュートリアル・徳井義実

映画「莫逆家族 バクギャクファミーリア」のBlu-ray&DVDが、3月8日(金)にリリースとなる。

同作は、400万部突破した田中宏原作の大人気ヤンキー漫画を映画化したもので、チュートリアル・徳井義実が主演を務める他、阿部サダヲ、大森南朋、玉山鉄二、新井浩文、北村一輝、井浦新、村上淳ら日本映画界を代表するオールスター・キャストが競演することでも注目を集めた話題作。かつて暴走族「神叉」のトップに立った火野鉄(徳井)は、現在では、家族を養うために現場作業員として黙々と仕事をこなす毎日を送っていた。そんなある日、かつての仲間・横田あつし(阿部)の娘・真琴が暴行されるという事件が起こる。数年ぶりに集まった「神叉」の面々は、家族同然だった仲間の悲劇の落とし前をつける。仲間たちと久々に熱い思いを交わした鉄の中では、何かがくすぶり始めて…。そんな折、仲間の川崎浩介(玉山)が何者かに襲われる。鉄は、暴行事件の背後に「神叉」時代の遺恨を引きずる五十嵐(村上)の存在を知って…というストーリー。

今回、豪華なキャスト陣の中、主演を務め上げた徳井にインタビューを敢行し、作品に対する思いや、撮影秘話などを語ってもらった。

――そうそうたる共演者たちの中、主演を務めるにあたっての心境は?

正直不安やったんですけど。こんな皆さんの中で、僕なんかが主演なんかさせていただいて大丈夫なんかなって。「やめといた方がいいんじゃないんですか?」って本気で言ってたんですけど。でも、逆に周りの人たちが凄い人たちばかりだったので、おんぶにだっこで助けていただけたら大丈夫かなと思いまして、やらせていただきました。

――徳井さんの優しくて、穏やかなイメージとは違った役柄でしたが?

自分の中でも、そういうやんちゃな部分がないし、見ている人にもそんなイメージないと思うんです。だから、違和感があるやろなって思って、作品に迷惑をかけたら申し訳ないなってすごい思ったので、最初はお断りしていたんです。僕が、あんまり無理して、無理やりヤンキーぶっても、おかしくなると思ったんで、芯の部分の男の強さが出ればいいなと思って、そっちの方に意識を持っていくようにしてました。

――共演者の方とのエピソードは?

村上淳さんが、演技プランをしっかり持って臨んでいて、自分の演技に関してだけじゃなく、そのシーンのアイデアみたいなものもどんどん提案されていて、すごいなって感心しました。

――千鳥・大悟さんも出てました

ハマリ役ですよね。かちゃかちゃベルト外している大悟は、すっごいハマってましたね。ぴったりです。あのシーンで、大悟というものが全て出てましたから!(笑)

――やんちゃエピソードを教えてください

うーん、やんちゃしたこと…(悩)。(女性関係でもいいですよ?)(笑)女性関係はやんちゃしましたねぇ。何マタもかけましたしね…。女性と寝てたら、違う女性が部屋に入ってきて、お腹の上にガーンと乗ってきて「この人誰よ!?」っていうのは何度もありましたね。でも、昔と比べると収まりましたけどね。性欲も減退してきましたし…。

――徳井ファンとしては、そんな丸くなった発言は残念なんですが?

(笑)丸くならないようには自分に鞭打ってるんですけどね。たまにはファンレターに電話番号書いてたら電話せなあかんなとか、ファンレターにアドレス書いてあって顔写真が貼ってなくても、突然家に呼ぶとか、そういうことを心がけています! がんがん、ファンに手ぇ出していこうと思ってます!(笑)

――ヤンキーたちのその後を描いた作品ですが、ご自身やチュートリアルとしての今後は?

僕も今探している最中なんですよね。日々、達成感とか満足感がある仕事をしていたいっていうことなんですよね。ゴールデンの冠で番組当てたいとか、「MCで!」とか、あんまりないんですよね。面白い番組に出たい。「こいつ面白いやつやな」って思ってもらえるような仕事をしていたい。結局、「面白い人と思われたい」っていうことになってきちゃうんです。

――相方・福田充徳さんと今後について話したりは?

ないです。福田さんは、「こうしたい!」「こんなんがしたい!」っていうのがないから、会議をしたってどうせ「徳井のしたいようにしたらええ」っていうから、話し合いしがいがないんですよ(笑)

――器が大きい人なんでしょうか?

そう聞くと器が大きく聞こえますけど、器が元々ないんですよ。ちっちゃくもないし、大きくもない。元々、ないんです。(それは広い!(笑))そりゃ、広いです! ある種、地球規模の器でもあるし(笑)

――最後に見どころをお願いします

こんなにガッツリ衝撃を与えてくれる作品って、なかなかないと思うので、ぜひとも見ていただきたいです。しっかり心に爪跡を残してくれる作品だと思います!

――徳井さん自身の見どころは?

悲しみのダンディズムを見ていただければ(笑)

「莫逆家族 バクギャクファミーリア」
完全初回限定生産アルティメットBOX (3枚組:本編Blu-ray+本編DVD+特典DVD) 6825円
Blu-ray通常版 (1枚組) 4935円
DVD通常版 (1枚組) 3990円
全て3月8日(金)発売
ポニーキャニオン

キーワード

[PR] おすすめ情報