川島、剛力、松嶋、永作らが日本ジュエリーベストドレッサー賞を受賞!

体操・内村航平選手、由紀さおり、高橋恵子、永作博美、松嶋菜々子(写真左から)
  • 体操・内村航平選手、由紀さおり、高橋恵子、永作博美、松嶋菜々子(写真左から)

第24回日本ジュエリーベストドレッサー賞の表彰式が、1月23日、都内で行われた。

同賞は、過去一年間を通じて「最も輝いていた人」「最もジュエリーが似合う人」そして、「今後もさらにジュエリーを身に付けてほしい人」を世代別、男性部門のそれぞれに分けて選考し、表彰したもの。

今回は、10代部門に川島海荷、20代部門に剛力彩芽、30代部門に松嶋菜々子、40代部門に永作博美、50代部門に高橋恵子、60代以上部門に由紀さおり、男性部門に東山紀之、特別賞男性部門に体操・内村航平選手、特別賞女性部門にKARAがそれぞれ輝いた。

【以下、受賞者の喜びのコメント】

川島「ジュエリーというのは指輪のイメージがあって、好きな男性に結婚指輪とかを選んでもらったりするのが憧れです。同年代で活躍されている方がたくさんいる中で、私を選んでいただけて、本当にうれしい気持ちでいっぱいです。この賞の名に恥じないようにこれからも頑張っていきます」

剛力「20代でこの賞をいただけてすごくうれしく思っています。成人式を迎えて初めての賞で、一歩大人の仲間入りができたのかなと思います。20代だけでなく、30代、40代、50代、60代…と、この賞を取り続けていけるぐらい輝いていられる女性になっていきたいと思います」

松嶋「10年以上前になりますが、20代でこの賞をいただいたことがあります。その時には『また、この賞がいただけるように頑張っていきたい』とお話させていただきましたが、まさかまた30代でいただけるなんて本当にうれしく、大変感激しております。この賞をしっかりと受け止めて、この先も輝いていけるように努力して参りたいと思います」

永作「『ジュエリーを身に付けていいかな』と思えるような年代に、このような賞をいただけたことが本当にうれしくて、励みになるなと思っております。この先も、もっともっと輝かしい宝石が似合う女性になれるように頑張って参ります」

高橋「思いもかけないことで、感激いたしました。美しい宝石を身に付けるにふさわしい女性に、これからもずっと輝いていられるよう、さまざまな方との出会い、作品との出会いを大切にして、そして時には、困難なことや辛いこと、悲しいことも自分を磨く砥石だと思って、これからも輝き続けていきたいと思います」

由紀「今の心境を申し上げれば、先だって芥川賞を受賞なされた作家の方の言葉を借りるような感じで『私を見つけてくれてありがとう』みたいな、そんな感じです(笑)。皆さま方から大きなエールをいただいた、そんな思いでございます。いただいた物(副賞)は、活用させていただきたいと思いますので、皆さま要チェックでございます(笑)」

東山「宝石は自分と家族を守ってくれる力があると聞いたことがあります。それを信じて、これからも家族を守っていきたいと思います」

内村選手「普段は練習ばかりの生活で、ジュエリーを付ける機会があまりないのですが、これを機にジュエリーが似合う男性になっていきたいと思います」

KARA「海外のアーティストである私たちが、日本の栄誉ある賞をいただけたことをとてもうれしく思います。本日いただいたような美しくて高級なジュエリーを身に付けていると、また違う自分に会えた気がします。そして、それがジュエリーの魅力だと思います。このような貴重な経験ができたのも日本で私たちKARAを愛してくれている皆さんのおかげだと思います。ありがとうございました」

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報