新生“PASSPO☆”が初のワンマンライブ! 玉井杏奈の'13年の目標は…早くも達成!?

改名して初のライブで2月13日(水)発売の新曲「サクラ小町」を熱唱するPASSPO☆
  • 改名して初のライブで2月13日(水)発売の新曲「サクラ小町」を熱唱するPASSPO☆

昨年末の東京・渋谷公会堂でのライブで“ぱすぽ☆”からの改名を発表した、“空と旅”をコンセプトに活動するアイドルグループ・PASSPO☆が初のワンマンライブを東京・新宿BLAZEで行った。昼夜2部制の夜の部では、1月31日(木)に18歳の誕生日を迎える最年少メンバー・玉井杏奈の生誕祭も行われ、2月13日(水)に発売されるニューシングル「サクラ小町」など23曲を熱唱した。

9人のメンバーが「キス=スキ」の衣装で登場したライブは「WING」でスタート。自己紹介では、「仮面ライダーウィザード」(テレビ朝日系)のヒロインとして活躍中の奥仲麻琴が「お前ら! 盛り上がるのか~!!」と、普段とは違ったキャラで客席を煽る一幕も。中盤には“PASSPO☆ラブソング集”と題して「ピンクのパラシュート」「キス=スキ」「See You Again」を連続披露。間奏で玉井が得意のクラシックバレーをソロで披露することも特徴の「キス=スキ」では、玉井の誕生日を祝福して、客席が担当カラーの紫のサイリウム一色となった。玉井は「紫のサイリウムはドン.キホーテでもあまり売っていないらしいのにこれだけの数を揃えてくれて、ファンの皆さんは大変だったと思うので、とてもうれしいです」と感謝した。

さらに、新曲「さくら小町」や、約1年ぶりに「サクラ色」などを歌い、ライブは一旦終了。アンコールでは“推しT”に着替え、「さくら小町」のカップリング「No.1 Boy」や「LA LA LOVE TRAIN」と続き、最後は「Dear My Friends」で締めた。'13年の初ライブということで、ことしの目標をメンバーを代表して発表した玉井は、「ここにいる皆さんの幸せを1秒でも多くすること」と誓ったものの、他のメンバーから「もう達成しちゃったじゃん!」とツッコまれていたが、キャプテンの根岸愛は「こうやって小さな目標を一つ一つ積み重ねていければいいね」とまとめた。

2月13日(水)発売の「サクラ小町」を引っ提げ、3月には初訪問の石川・金沢などを含む初の全国ツアーも控えているPASSPO☆。'13年の飛行に期待を抱かせる離陸となった。

PASSPO☆
「サクラ小町」
2月13日(水)発売
ユニバーサル
ファーストクラス盤【CD+DVD】1680円
ビジネスクラス盤【CD+DVD】1680円
エコノミークラス盤【CDのみ】1000円

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報