映画「横道世之介」の舞台挨拶に高良健吾・吉高由里子が登壇! 「お互いあの頃から4、5キロ太った」!?

「横道世之介」で5年ぶりの共演となった高良健吾と吉高由里子
  • 「横道世之介」で5年ぶりの共演となった高良健吾と吉高由里子

2/23(土)に全国ロードショー公開となる映画「横道世之介」の先行プレミア上映が大阪ステーションシティシネマで実施され、上映前の舞台挨拶に主演の高良健吾、吉高由里子が登壇した。

本作は「パレード」「悪人」などで知られる吉田修一が、毎日新聞紙上で連載していた同名小説を原作に、「南極料理人」「キツツキと雨」の沖田修一監督が映画化した青春ストーリーだ。大学進学を機に、長崎から上京したお人よしの世之介と、周囲の人々が巻き起こすエピソードをユーモアとペーソス溢れる演出で描いている。

映画化に際して、沖田監督が世之介役に高良の存在を思い浮かべたことについて、高良は「監督とは5年前に出会って、お仕事をご一緒するのは4回目なんです。監督にそういっていただけるということは、僕と世之介が似ているかもしれない。たぶん5年前に監督と出会ってなかったら、自分はキャスティングされていないと思うんですよね。」と語った。

また、高良と吉高は08年公開の「蛇にピアス」で共演済み。5年ぶりの共演について吉高は「高良さんがすごく現場を楽しもうとして自分から動いている姿勢を見ていると、5年前とは全然違うなと。でも変わらない部分は、自分の意見を持っているところ。変に相手に合わせようとしないので信頼できる人ですね」と撮影を振り返った。さらに吉高は「あと、この作品はお互い「蛇にピアス」の頃より4、5キロ太ってます(笑)」とコメント。高良は役作りで太るために、食事の量を増やしたとのこと。高良は「この映画の撮影に入る1週間前まで別の作品の撮影をしていてやせちゃったんですよね。でも「横道世之介」は太りたくて、パクパク食べてたら、吉高さんまで、パクパク食べてて(笑)」と笑顔でコメント。それをうけて吉高は「高良さんが美味しそうに食事しているところを見ていたら、嬉しくなっちゃって(笑)。完成した映画を見たときは、自分の丸さにビックリしました!」と場内の笑いを誘った。

舞台挨拶の最後に高良は「この映画で日常が少し特別なものになったり、キラキラしたものに感じていただけたらいいなと思っています。この映画は、キャラクターを通して懐かしい気持ちになってもらえる作品。映画が終わっても、皆さんの心の中でこの作品は続いていくと思いますので、自由にこの作品を育てていただけると嬉しいです」と語り、イベントを締めくくった。

【取材・文=関西ウォーカー編集部・鈴木大志】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報