東大生が開発!受験に勝つスイーツ「勝トーショコラ」が新発売

東大生が開発!「勝トーショコラ」が発売
  • 東大生が開発!「勝トーショコラ」が発売

東京大学のスイーツ同好会が開発した、その名も「勝トーショコラ」が2月1日(金)、全国のスーパー・コンビニエンスストアで発売!コンビニデザートとして有名なドンレミーと、東京大学内に研究所を構えるユーグレナが共同開発し、その中身にも自信の一品だ。

「勝トーショコラ」(150円)は、東京大学スイーツ同好会のメンバーが、受験勉強の休憩時に食べたお菓子を思い出しながら開発。同じ東大つながりの東京大学発ベンチャー・ユーグレナ社が取り扱う栄養食材・石垣産ユーグレナ(和名:ミドリムシ)をガトーショコラのスポンジ部分に混ぜ込み、受験で疲れた身体に糖分と栄養素を効率良く補給できるスイーツに仕上げた。

このユーグレナには、ビタミン、ミネラル、必須アミノ酸など59種の栄養素が入っている。同商品には、スポンジにユーグレナを入れ、手軽に栄養が摂れるようにした。

同商品は、ユーグレナ入りのスポンジの上に、ガトーショコラ、その上にチョココーティングがされている。コーティングには抹茶チョコをプラス。細長いバータイプなので、勉強しながらも食べやすいサイズだ。

同商品について開発元は「受験勉強の合間に気軽にお召し上がりいただけるよう、ほどよい甘さと量に仕上げました。59種類の栄養素を持つ石垣産ユーグレナが入っているので栄養バツグンです!」とコメント。パッケージも絵馬や桜をモチーフに仕上げ、縁起もかつげそうだ。

名門・東京大学の学生が開発したスイーツ。受験シーズンのこれから、休憩時間に食べてみては。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報