ビンラディン追跡の裏側を描く『ゼロ・ダーク・サーティ』テレビスポット映像を公開

ほぼ全て実際に事件に関わった人々の経験談を元に脚本を書き上げている
  • ほぼ全て実際に事件に関わった人々の経験談を元に脚本を書き上げている

ジェシカ・チャステイン主演で、CIAによるオサマ・ビンラディン追跡劇の裏側を描いたサスペンス『ゼロ・ダーク・サーティ』(2月15日公開)。この度、本作のテレビスポット映像が公開された。

本作は一人の若きCIA女性分析官マヤを中心に、ビンラディンの居場所を突き止め、殺害に至るまでの経緯を赤裸々に描き出す。一切明かされなかったその事実に対して、全米公開後は本作の制作に全面協力したCIAによる国家機密の漏洩を問題視し、政治家たちが調査依頼をかける異例の騒動まで起こっている。

公開されたテレビスポット映像では、爆発やシールズ隊員による突撃シーンなどの迫力ある映像と共に、一人の女性の悩ましげな姿が映し出されている。目を疑いたくなる事実があぶり出され、この知られざる真実は膨大なインタビューから明らかになったものだ。

2006年、キャスリン・ビグロー監督と脚本家のマーク・ボールは、トラボラで失敗したビンラディン捕縛作戦についての映画を企画。ビグロー監督とマーク脚本により第82回アカデミー作品賞を受賞した『ハート・ロッカー』(10)完成後、2011年に製作が開始された。しかし、その年の5月1日にビンラディンが殺害されたため、脚本を一からやり直すことになり、数ヶ月にわたって関係者へのインタビューを行った。最終的にはほぼ全て、実際に事件に関わった人々の経験談を元に脚本を書き上げている。議論を呼んでいる拷問に関しても事実の一部と断言するが、個人情報が絶対にばれない配慮はなされているという。【Movie Walker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報