AKB48が「憧れのアイドル」1位に!!  大島優子「グループの中で自分が何位なのかが気になる…」

 「第19回 家族で選ぶにっぽんの歌」で司会を務める大島優子、伊東四朗、宮崎美子(写真左から)
  • 「第19回 家族で選ぶにっぽんの歌」で司会を務める大島優子、伊東四朗、宮崎美子(写真左から)

3月23日(土)にNHK総合で放送される「第19回 家族で選ぶにっぽんの歌」の取材会が8日にNHKホール内で行われ、司会を務める伊東四朗、宮崎美子、大島優子が登壇した。

同番組は、全国1700の家族から寄せられた「心の応援歌」や「憧れのアイドル」といった番組独自のアンケートを元に、世代と音楽のジャンルを超えた、“にっぽんの名曲”を振り返る音楽番組。19回目を迎えた今回は、祖父役の伊東四朗、母親役の宮崎美子、娘役の大島優子と三世代の司会陣により名曲の数々を紹介していく。

同番組で初司会を務め、AKB48としてもメドレーを披露する大島は「とても緊張したのですが、伊藤さんと宮崎さんと家族関係で司会をするということだったので和やかな気持ちで司会に臨むことができました」と語り、「リハーサルでは知らない曲もありましたが、知っている曲を聞くと自然と口ざさんでいました。童謡は小さい頃からずっと聴いていて、今も昔も変わらないということをあらためて感じました」とリハーサルを振り返った。

また19回連続で司会を務める伊東は「19回も連続で司会をやっているということをあらためて知って驚きましたね。この番組では多くの人にお世話になっています」と番組への思いを語り、8年ぶりに同番組で司会を務める宮崎は「伊藤さんと8年前にこの番組で一緒に司会をした時は夫婦という設定でした。今回はお父さんということで新鮮な気持ちで司会ができました。それにこんなステキな娘と一緒に出演できてうれしいです」とコメント。

番組での「憧れのアイドル」アンケートで1位を獲得したAKB48について大島は「AKB48とざっくりだったので果たしてその中で自分が何位なのかがすごく気になりました。ですがグループとして1位というのは、皆さんの憧れということなのでとてもうれしいです」と複雑な心境を明かしつつも喜びを語った。

「第19回 家族で選ぶにっぽんの歌」
3月23日(土)夜7:30-8:43 
NHK総合で放送

キーワード

[PR] おすすめ情報