JUJU「素直になれたら」の英語カヴァー曲が話題!

ビヨンセなどの大物アーティストのリミックスを手掛るほどの実力!
  • ビヨンセなどの大物アーティストのリミックスを手掛るほどの実力!

昨年、大ヒットを記録したSpontania feat.JUJU「君のすべてに」。そのアンサーソングとして話題になったJUJU feat.Spontania「素直になれたら」を英語でカヴァーした曲が話題になっている。

このカヴァー・バージョンが3/4に着うた(R)で配信されると、配信サイト「レコチョク洋楽」でいきなり7位を記録。この楽曲のプロデューサーは、REMIX FACTORYというハウス系のプロデューサー・チームを主宰しているベントレー・ジョーンズという、ビヨンセやブリトニー・スピアーズなどのリミックスを手がけ、UKクラブ・チャート1位となった作品も持つイギリス在住の23歳である。

日本に「逆輸入」されたこの曲が、2月上旬からUSENのインディーズ・チャンネルなどで流されるようになると、「誰が歌っている?」との問い合わせが多く寄せられ、それを受けて着うた(R)がリリース、アルバムの発売も決定した。

3/25(水)に発売されるアルバム「トランスレーション J−POPダンス・カヴァー」では、1995年から2008年にかけてシングルチャート・トップ10入りを果たした女性ヴォーカルのJ-POPヒット曲が、最先端ダンス・トラックとしてカヴァーされる。収録曲にはCoccoの「強く儚い者たち」、mihimaru GTの「気分上々↑↑」、NANA starring MIKA NAKASHIMAの「GLAMOROUS SKY」、安室奈美恵の「Don't wanna cry」など11曲。EMIミュージックのウェブサイトでは「素直になれたら (FINAL NIGHT英語Ver.)」の試聴もできるので、是非聴いてほしい。

しかも、このベントレー・ジョーンズ、写真を見てもらっても分かるようにかなりの“イケメン”である。その彼が3月下旬に、東京でプロモーションを行うため来日する予定というから、ダンス・トラックが好きな人のみならず、女性ファンが急増すること間違いないだろう。

【CDリリース情報】
ベントレー・ジョーンズ『トランスレーション 〜J-POPダンス・カヴァー〜』(2009.3.25 Release)
品番:TOCT-26799 価格:2,300円(税込)
<収録曲>1.素直になれたら(JUJU feat.Spontania)、2.強く儚い者たち(Cocco)、3.気分上々↑↑(mihimaru GT)、4.Don't wanna cry(安室奈美恵)、5. 月光(鬼束ちひろ)、6.ドラマチック(YUKI)、7.TRANS//LATION<インタールード>、8.DEPARTURES(globe)、9.Depend on you(浜崎あゆみ)、10.WHITE LOVE(SPEED)、11.春 〜SPRING〜(Hysteric Blue)、12.GLAMOROUS SKY(NANA starring MIKA NAKASHIMA)

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報