高良健吾が吉高由里子の「好きだよ」に大照れ

高良健吾と吉高由里子は大の仲良し
  • 高良健吾と吉高由里子は大の仲良し

吉田修一の小説の映画化『横道世之介』の初日舞台挨拶が、2月23日に新宿ピカデリーで開催。高良健吾、吉高由里子、池松壮亮、伊藤歩、綾野剛、沖田修一監督が舞台挨拶で登壇した。主演の高良は「この映画が大好きです」と挨拶。一方、『蛇にピアス』(08)以来、5年ぶりに共演した吉高由里子は「高良くん、好きだよ」と猛アピール!

1980年代を舞台に、ちょっと風変わりな青年・横道世之介の日常と彼を取り巻く人々を優しい目線から描いた本作。高良は「今日で宣伝が終わるって感じがしなくて。でも、この映画は見終わった後も皆さんの中で続いていく映画だと思っています」と感慨深い表情で語った。吉高も「好きで泣きそうになるって感覚を改めて教わった映画。家族を初めて舞台挨拶に呼びました」と、相当思い入れが強い様子だった。

高良は本作のキャンペーンで、何と190媒体の取材を受け、初めてバラエティー番組にも出演した。そんな高良に対して吉高がメッセージを送った。「高良くんは貴重な戦友で、自分が精神的にコントロールできていない時も知っている人。心から信頼している。『横道世之介』をこんなに好きになれたのも高良くんが相手だったから。これからも高良くんへの気持ちはずっと続いていきます。好きだよ!」。高良も「嬉しいっすよ。嬉しいけど、恥ずかしいけど、ありがとう!」と照れ笑い。吉高も「私たち、暗かったから。成長したねって話をよくしています」と笑顔で語った。

『南極料理人』(09)、『キツツキと雨』(12)の沖田監督が紡ぐ、心温まるヒューマンストーリー『横道世之介』。本作で高良と4度目のタッグとなった沖田監督も「高良くん、好きだよ!」と締めくくった。【取材・文・山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報