柴咲コウ、年上上司と年下後輩、どちらが好み?

『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』に出演した柴咲コウ
  • 『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』に出演した柴咲コウ

映画『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』(3月2日公開)で、仕事や恋に揺れる34歳のカフェ店員すーちゃん役を演じた柴咲コウにインタビュー。女優として、アーティストとして、日々輝きを見せている柴咲が、すーちゃんと自身の恋愛観について、心の内を語ってくれた。

メガホンを取った御法川修監督は、柴咲のライブで歌っている雰囲気や、彼女が歌う詩の内容から、すーちゃん役にぴったりだと思ってオファーをしたそうだ。「監督は、私の詩の世界観に反映されている孤独感や、それに向き合い、自分で消化しようとしているところを見てくださったみたいで」。演出については「自由にやらせてもらったけど、シーンの流れはすごく大事にされる監督でした。すーちゃんが料理をして、洗濯物を取り込み、畳んで、布団に入る前にジャーに残ったご飯を冷蔵庫に入れるとか。そういう要所、要所の流れを大切にされていました」。

原作は益田ミリの4コマ漫画。すーちゃんが、34歳のOLまいちゃん(真木よう子)と、39歳のウェブデザイナーさわ子さん(寺島しのぶ)と共に、人生に不安や戸惑いを感じながらも、小さな幸せを見つけていく。すーちゃんは、カフェの中田マネージャー(井浦新)に心惹かれつつ、なかなか進展できず、カフェ店員の年下の千葉(染谷将太)に慕われるという役どころだ。

奥手なすーちゃんとは共通点が多いという柴咲。「その時の自分にもよりますが、私もたいてい引いちゃいます。受け身になって相手に期待したり、妄想も得意だったりして。でも、自分から仕掛けていくことがなかなかできないタイプ。したたかになりたいと思うことは何度もあったけど、そうすると、自分じゃない気がするし。実はすごく臆病です」。

中田マネージャー役の井浦新と、後輩の千葉役の染谷将太の印象についても聞いてみた。「新さんは本当に空気を読む方。見た目はすご見く柔らかだけど、しっかりとした感じの男性で、それが周りに支持されている理由の一つかなと。染谷くんは年齢不詳で、魂が古いような、何度も生まれ変わっているような、不思議な奥行きがある人でした。年下なんですが、全然それを感じなかったです。ちょっとミステリアスな部分がありました」。

ちなみに、中田マネージャーと後輩の千葉では、どちらが好みなのだろうか?「中田マネージャーみたいな優柔不断な人は苦手です。自分が物事をはっきりしたいタイプだから、もしかしたらそっちの方が良いのかもしれないけど、最終的には大丈夫だよと言ってくれる人の方が良いです。迷われたりすると、よりいっそう自信がなくなるし。千葉くんは良いと思います。すーちゃん的には年齢が引っかかってくると思うけど、私はあんまり年齢を気にしないので。もちろん、経験の差はあるけど、もともとその人が持っている感性があるから、それが豊かな人なら良いですね。千葉くんは独特だから興味が湧きます」。

いずれにしても、自分を大事にして生きているすーちゃんにとても共感するそうだ。「私も全部自己肯定できるかといえばそうじゃないし、もっと強くなりたいとも思います。外部から何を言われても、毅然としていれば良いのに、そうもいかない時がたくさんありました。でも妥協したり、自分の本音を押し殺してしまうと、良い縁があったとしても、すれ違ってしまうんだろうなと。すーちゃんも少しずつ傷ついたりしていると思うけど、そこに必要なのは、本当はどうしたいのか日々選択していくことだと思いました」。

ちょっぴり寂しさや弱さを胸に秘めながらも、しっかりと地に足をつけ、自分に正直に生きている柴咲コウ。彼女が演じたすーちゃんも、強さと弱さの両方を内包しているからこそ、見る人の心を震わせるのではないか。『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』は全ての女性への応援歌だと思った。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報