「リーガル・ハイ」に榮倉奈々&広末涼子がゲスト出演!

ゲスト出演することが分かった広末涼子(写真左から二番目)と榮倉奈々(写真左から三番目)
  • ゲスト出演することが分かった広末涼子(写真左から二番目)と榮倉奈々(写真左から三番目)

4月13日(土)にフジテレビ系で放送する土曜プレミアム特別企画スペシャルドラマ「リーガル・ハイ」(夜9:00-11:10)に榮倉奈々と広末涼子がゲスト出演することが分かった。

榮倉は物語の舞台となる公立うさぎがおか中学校・2年C組の担任教師・藤井みなみを、広末は物語のクライマックスを彩る裁判で裁判長を務める別府敏子をそれぞれ演じる。

ストーリーは、藤井みなみが担任を務める公立うさぎがおか中学校の2年C組の小暮和彦(末岡拓人)が屋上から転落。屋上には和彦の他にも男子生徒がおり、彼らは和彦が隣の校舎に飛び移れると言い出したが、届かず落ちてしまったと話している。幸い和彦は、足やろっ骨の骨折で済み、命に別条はなかったものの、対外的なメンツを守りたい学校側は、いじめではなく友達同士の悪ふざけによる事故だと和彦の母・秀美(堀内敬子)に説明する。高所恐怖症な和彦がそんな行動を取るはずがないと学校側の説明に不信感を抱いた秀美は、黛真知子(新垣結衣)に相談をする。正義感にあふれる熱血弁護士の黛は、自分が請け負うべき依頼だと快諾するものの、一人で確実に勝てるかどうか不安がよぎり、古美門研介(堺雅人)に相談をする…という内容。

出演について榮倉は「本物の古美門さんと黛さんに会えるなんて思っていなかったので、一視聴者としてうれしかったです。世の中にある問題を、無遠慮で道理にかなった古美門先生の言葉で聞くことのできる脚本は、最後まで目が離せませんでした。私が演じる藤井みなみ先生はサウンドオブミュージックのように、と監督から指示いただいたので現場で思い出しながら、演じていきたいと思っています。主演のお二人が気持ちよく迎え入れてくださったので、前日まで感じていた緊張からの腹痛は癒やされました。本当にありがたかったです。初めて共演させていただいた広末涼子さんは、透明感と女性らしさを兼ね備えたとても美しい方でした。広末さんが裁判長として、私が証人として裁判で対峙(たいじ)した時に目が離せなくなりました。男性として証人台に立つことがなくて安心しました」と振り返った。

一方、広末は「連ドラの時に視聴者として大好きな作品だったので、『リーガル・ハイ』ファンとしては、二つ返事で出演を受けさせていただきました」と明かし、役柄について「裁判官として人前に立つ際には、私情や感情をも押し殺す人間で、もしかしたら冷血に見えるようなキャラクターとしてとらえ、そのように演じていこうと思っています。トータル的な人間性としては、真面目で勉強家で多才なのだけれども、人を受け入れないというよりも、どこかシャイでマイペースな女性としてとらえています」と語った。また、榮倉の印象について「脚本でイメージしていたみなみ先生以上に説得力のある、そして共感できるお芝居に、リハーサルの段階から引き込まれました。すごくすてきな女優さんだと思いました」と告白した。

土曜プレミアム特別企画スペシャルドラマ「リーガル・ハイ」
4月13日(土) 夜9:00-11:10 
フジテレビ系で放送

キーワード

[PR] おすすめ情報