「米でいいのだ」 日清のごはんシリーズがリニューアル&大幅値下げ

店頭でお馴染みのカップヌードルごはんシリーズがリニューアル
  • 店頭でお馴染みのカップヌードルごはんシリーズがリニューアル

日清のロングセラー商品である「カップヌードル」の味を“ごはん”で表現した「日清のごはんシリーズ」5品が、を3月25日(月)から全国でリニューアル販売される。

「カップヌードルがごはんになった!」をコンセプトに商品化された「カップヌードルごはん シーフード」「カップヌードルごはん カレー」「U.F.O.そばめし」「どん兵衛 釜めし」の5品は、電子レンジを使ってごはんをスープで“炊く”ことで、誰でも手軽に“カップヌードル味のごはん”が楽しめるという「カップヌードルごはん」シリーズ。

今回のリニューアルは、従来個別パックしていた内容物(パフライス、具材、味付けの素)を、容器に直接充填できるようになったため、水を入れてレンジでチンするだけの従来に比べて簡単調理となった。さらに嬉しいのは、包装材を減らす等で、メーカー希望小売価格が従来の250円(税別)から208円(税別)へと大幅に値下げされ、よりリーズナブルになったことだ。

また「米でいいのだ」をキャッチコピーにした、バカボンファミリーのPRにも注目。バカボンファミリーのほのぼのとした温かい世界観が後押しする“日清のごはんシリーズ”、今まで購入したことがない人は、価格が下がる3月25日(月)以降にぜひ、ためしてみて!【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報