『陽だまりの彼女』松本潤&上野樹里、感無量のクランクアップ!

『陽だまりの彼女』のクランクアップを迎えた上野樹里
  • 『陽だまりの彼女』のクランクアップを迎えた上野樹里

越谷オサムの同名小説を映画化したラブストーリー『陽だまりの彼女』(10月公開)が3月5日午前4時30分頃、都内某所で無事クランクアップを迎えた。最後の撮影シーンは、松本潤演じる主人公・浩介と、上野樹里演じるヒロイン・真緒のデートの様子。レコード店で浩介が真緒を見つけ、つい見とれてしまうというシーンということから、2人の目線や表情を大切に、何度もアングルを変え撮影が進められた。三木孝浩監督から「カット!OK!」の声がかかるとキャスト・スタッフからは拍手と歓声があがり、三木監督から花束を渡された松本と上野は感無量の面持ちだった。

1月18日にクランクインを迎え、約1ヶ月半におよぶハードな撮影を終えた松本は「撮影期間はあっという間で、夢のような時間でした。ラブストーリーでファンタジーでもあるという作品で、キャスト・スタッフみんなで力を合わせて、愛のあるあったかい現場でやることができました。本当に魔法がかかったような、素敵な時間だったと思います」と振り返り、上野は「寒い中のロケで、たくさん差し入れをいただいたり、あったかいスープを毎日いただいたり、最高のスタッフみんなと励まし合って助け合うことができて、本当に幸せでした」と感謝を語った。

初共演となったお互いの印象を「樹里ちゃんは真緒というキャラクターにとても純粋に向き合う人。その姿勢がとても素敵で刺激的でした。心地よくもあり、相手役として楽しかったです」(松本)、「今までちゃんとしたラブストーリーをやったことがなかったのですが、浩介を通して、松本さんの素敵な所もたくさん見えました。松本さんとは何かが合う、似ているところがあるのかなと感じました。ブレないし、この映画の主役として全体を見て、いい結果を残す。人間として素晴らしいし、またどんな役でもいいから共演したいと思いました。この浩介と真緒の空気感は、松本さんとだからできたんだと思います」(上野)と語る。三木監督も「松本くんと樹里ちゃんが醸し出す空気が素敵で、幸せな浩介と真緒をずっと撮っていたかったです。松本くんと樹里ちゃんがお互いのいいところを引き出しあって、2人のラブストーリーができて本当によかった」と、松本と上野の共演に納得のようだ。

8月に30歳の誕生日を迎える松本は、『花より男子ファイナル』(08)以来5年ぶりの映画出演となった本作に「おそらくこれが20代最後の作品だろうと思ってやらせていただきました。みんなに支えてもらって、助けてもらって、幸せでした」と思い入れが強い様子で、「映画のできあがりがすごく楽しみです」と期待を寄せた。

本作のテーマソングには、原作にも度々登場するビーチ・ボーイズの名曲「素敵じゃないか」が起用されている。【Movie Walker】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報