綾瀬はるかの肩出し赤いドレスに、共演オーケストラ190名がうっとり!?

「ジャイアントコーン・オーケストラ」の一夜限りの音楽祭に登場した綾瀬
  • 「ジャイアントコーン・オーケストラ」の一夜限りの音楽祭に登場した綾瀬

女優の綾瀬はるかが登場するグリコアイス「ジャイアントコーン」の新テレビCMが、3月18日(月)から全国でオンエアされることが明らかになった。同CMで、綾瀬は、ジャイアントコーンの発売50周年を記念して結成された楽団「ジャイアントコーン・オーケストラ」の一夜限りの音楽祭に登場。オーケストラをバックに、本能の赴くまま、夢中でアイスにかぶりつく彼女の至福の表情を見せている。

「ホールの中で、一流のオーケストラの方々が演奏する『運命』の替え歌『ジャイアントコーン交響曲』を間近で聞きながらアイスを食べるという、すごく貴重な経験をさせていただいて嬉しかったです」と綾瀬。「ジャジャジャジャイアントコ~ン♪」「ジャジャジャジャイアントコ~ン♪」と真剣な表情で歌い、夢中でジャイアントコーンにかぶりつく。演奏を終えたあとの満面の笑顔がとってもキュートだ。

気になる衣装デザインは、アシンメトリーで、大きめのリボンを右肩に、左肩を大胆に出した鮮やかな赤のドレス。シルクの素材感を活かした上品なAラインのもので、チャーミングな綾瀬に、ステージに上がるやいなや、190名のオーケストラのメンバーは釘付けに。

休憩中には、指揮者やオーケストラのメンバーと談笑し、誰に対しても裏表のない人柄の良さと天真爛漫な笑顔を見せた綾瀬。その現場で醸し出す幸せな空気が、オーケストラのモチベーションを高め、演奏の出来栄えを自然と引き上げていたとか。

50周年を迎えるジャイアントコーンにかけ、50歳の時、どんな女性でいたいですか?との記者の質問には「元気なハッピーな女性で、もちろんその時もジャイアントコーンを食べていたいです」と綾瀬。同CMでも、夢中でアイスにかぶりつくなど、思わず笑ってしまう場面満載なので、ぜひともチェックしてみよう。【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報