スターバックスの新ケーキにベストマッチのコーヒーを実食研究

新発売のスイーツはコーヒーとの相性を楽しむために開発された“コーヒーケーキ”!コーヒースペシャリストの松田さんがコーヒーとフードの相性について解説
  • 新発売のスイーツはコーヒーとの相性を楽しむために開発された“コーヒーケーキ”!コーヒースペシャリストの松田さんがコーヒーとフードの相性について解説

スターバックスから新商品「コーヒー&エスプレッソケーキ」が3月13日(水)より発売される。人気の定番ドリンクから生まれたフレーバーは「キャラメル マキアート」「カフェ モカ」「ラテ」の3種類。

欧米のカフェでコーヒーケーキと言うと、コーヒー味のケーキのことではない。今回の新作はコーヒーと抜群に相性の合うケーキという意味の“コーヒーケーキ”でもあるので、相性のいいコーヒー豆と合わせ、コーヒーがより美味しく感じる味わいの変化を楽しんでもらいたい。

そこで発売に先駆け、日頃から美味しい物には目がない30代の働く女性たち5名に集まってもらい、スターバックス ジャパン本社で試食会を開催。コーヒーと新作ケーキの相性を楽しむ“フードペアリング”を体験してもらった。

――フードペアリングとは?

コーヒーのもっている風味と一緒に食べるフードの風味をそろえることで、口の中で合わせたときのお互いの風味をひき立て合う相乗効果のこと。この商品開発の背景には、日本であまり馴染みのない“フードペアリング”を普及するという目的もあった。欧米では、飲み物と食べ物の相性の良い組合せを楽しむことは広く親しまれているそう。

――テイスティングのコツはすすること

解説者は豆の種類や飲み方に精通したコーヒースペシャリストの松田さん。爽やかな笑顔が印象的な社員さんの登場で、和やかな雰囲気の中、試食会が始まった。まずは参加者にコーヒー豆の特徴と味の違いを知ってもらうため、豆の生産地が異なる3種類のコーヒーを試飲してもらった。

「テイスティングする時は、口の中にスプレーするようにすすってください。そうすることで口の中に風味が広がり、より味わいを感じやすくなります」

はじめ音を立てるのを恥ずかしがっていた参加者も実践。外資系システム会社営業のNさんは「一番重くてスパイシーな“スマトラ”が好み。職場で飲むコーヒーと似てる」。一方、デパート販売員のOさんは「私は苦いのは苦手。“スターバックス(R)ライトノートブレンド”が飲みやすい」という。確かに2つを比較すると、より違いがわかりやすい。“ケニア”はアフリカ産の特徴であるフルーティーさと酸味が際立った。

――3種類のケーキにそれぞれ最も合うコーヒーは?

「コーヒーとフードのコクや風味の強さは合わせた方がいいでしょう。食感も重要です。ふわっとした食感のシフォンケーキなどには口当たりの軽いコーヒーが合います。まずコーヒーを飲んでからケーキを食べてみてください」

■「コーヒー&エスプレッソケーキ ラテ」×スマトラ、コモドドラゴンブレンド

まずはホワイトチョコレートがかかった「ラテ」に、先ほどの“スマトラ”を合わせてみた。

「ケーキを食べる前と後だとコーヒーの味が全然違う!」と、驚いた表情で話す高校美術教師のTさん。「最初スマトラは強いと思ったけど、中のミルククリームとホワイトチョコが濃厚だから、ちょうど良く感じる」などと高評価。他には、なめらかなコクの“コモドドラゴンブレンド”とも相性がいいそう。

■「コーヒー&エスプレッソケーキ キャラメルマキアート」×エスプレッソロースト、スマトラ

次に試すのは「キャラメルマキアート」と“エスプレッソロースト”の組合せ。エスプレッソローストはエスプレッソドリンクのベースであり、さらに強い風味を持つ。システムエンジニアのUさんは「眠い時や仕事中にほしい」と少々苦手そう。

「でもこのケーキのキャラメルポップコーンのような強い香りには、エスプレッソローストの深い香ばしさが合うんです」

実際に試してみると、「ケーキを食べた後だと、コーヒーがまろやかになる」と、今まで軽めのコーヒーが好きだった看護士のSさんも納得。「この表面のキャラメルチョコは甘くて香ばしいし、パリパリの食感もしっかりしてるので、主張の強いコーヒーでないと負けてしまうのね」と、参加者の中では一番人気のケーキだった。先ほどのスマトラとも相性は悪くない。

■「コーヒー&エスプレッソケーキ カフェモカ」×イタリアンロースト、カフェベロナ

ラストは最も味の濃厚な「カフェモカ」とさらに焙煎度合いの深い“イタリアンロースト”の相性をチェック。本日一番の深煎りコーヒーだ。

「チョコレートの濃厚な甘さとビター感には、このくらいインパクトのある苦みが合うね。最初強かったスマトラを飲むと今は薄く感じる」と、だんだん強いコーヒーに慣れてきたSさん。他にはしっかりとしたコクのある“カフェベロナ”とも相性がいいそう。

――全ての相性を試してみて、参加者の感想は?

「いつも頼んでいるドリンクにどんなフードが合うのか是非試してみたい!」「豆に対する興味も湧いたし、コーヒーを選ぶ楽しみが広がった」「ケーキの美味しさに大満足!また店頭で注文したい!」

このように参加者にはフードペアリングの楽しさをわかってもらえたよう。新作ケーキの味も十分堪能できた様子。

最後に松田さんから、「全てのフードには相性のいいコーヒーがあるので、店頭のスタッフに聞いてみて下さい。“本日のコーヒー”に合ったフードを選んでみるのもオススメです。新作ケーキに合うコーヒーは“本日のコーヒー”でローテーションしていますが、ない場合は店頭でプレスサービス(390円)を注文すると好みの豆を指定できます」との提案も。

難しく考えず、まずは試しに新作ケーキとコーヒーのフードペアリングを試してみてほしい。知れば知るほど奥深いコーヒーの魅力にハマってしまうはず!【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報