テイラー・スウィフトが「ハリーは女好きだから別れた」と激白!

あの台詞は元カレへのリアルなメッセージだった
  • あの台詞は元カレへのリアルなメッセージだった

テイラー・スウィフトは、第55回グラミー賞授賞式でのパフォーマンスの途中で、イギリス英語の発音を真似て元恋人ハリー・スタイルズへのあてつけとも取れるセリフを喋っていたが、ついにヴァニティ・フェア誌のインタビューで彼と別れた理由について赤裸々に語った。

ハリーと交際を始めた頃は、「彼は、『君は素晴らしい。君と一緒にいたい。交際したい』という感じだった」そうだが、それも短い間で終わり、「彼は全ての女の子を目で追っていた」のが別れた理由だったという。

しかも、交際して日も浅いうちに、ハリーが別の女性とキスしている写真が発覚したことで、彼のことが信じられなくなったらしい。だが、ハリーは、テイラーにしつこく食い下がり、ヨリを戻したいと言って来たそうで、「彼は私に電話してきて『アイ・ラブ・ユー』なんて言うの。だから私は言ってやったの。私たちがヨリを戻すなんて絶対にないから」というグラミー賞受賞式での彼女のセリフは、まさにリアルなハリーへのメッセージだったようだ。

テイラーは過去の交際相手を題材にして歌を書くことで有名だが、そのことで批判されるのは不本意だという。「女性が自分の感情を書いて、そのために、じっとりした、精神異常の女だと思われ、恋人と結婚して子供を産もうと必死になっている女だと言われる。女性が告白的なスタイルで自分の感情を書くというのは、祝福されても良いことなのに。それを取り上げて、方向を変えて、歪めて、性差別主義的な考えに変えているのだと思う」と語っている。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

[PR] おすすめ情報