レディー・ガガ、日本の鯉が療養中の慰め!約555万円で27匹を輸入

鯉27匹と療養生活中
  • 鯉27匹と療養生活中

臀部の手術を終えて療養中のレディー・ガガは、手術後の心の慰めに日本の鯉を27匹購入し、自宅に大型の水槽を設置して飼っているという。

日本びいきのガガは、水槽を自分のベッドのそばに置き、日本から特別に輸入した鯉が泳いでいる姿をずっと眺めているらしい。「ガガは、鯉の夢を見たと言って、スタッフに鯉を調達させ、巨大な水槽を設置させました。総額で4万ポンド(約555万円)ほどかかったようです。たいていの人にとっては大金ですが、ガガにとってはたいしたことない金額です」と関係者が英紙ザ・サンに語っている。

一方、米スター誌は、ガガは手術のためにツアーをキャンセルしなければならなくなったため、うつ状態に陥っており、薬物を乱用していると伝えている。「ガガは臀部を痛めてから、鎮痛剤を絶え間なしに飲んでいる。飲酒も止めてない。鎮痛剤とアルコールを混ぜて摂取するのは、とても危険だ。誰もが彼女を心配している。ずっとマリファナも吸っている」という関係者の証言を同誌は伝えているが、ガガの広報は「全くのでたらめです。彼女は回復中です」と答えている。ガガが、アルコールやドラッグではなく、鯉を心の慰めにしているとすれば、なかなか渋い療養生活を送っているようだ。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

[PR] おすすめ情報