不朽の恋愛バイブル「イタズラなKiss」が17年ぶりに日本でのドラマ化

17年ぶりに日本でドラマ化される「イタズラなKiss」
  • 17年ぶりに日本でドラマ化される「イタズラなKiss」

「別冊マーガレット」で'90年から'99年に連載され大人気となり、今でも多くのファンに支持されている少女マンガ「イタズラなKiss」が17年ぶりに日本でドラマ化されることが分かった。

同作品は、IQ200の天才イケメン・入江直樹に恋をした女子高生・相原琴子の一途な片想いを描いたラブコメディで、'96年に日本でドラマ化、'05年には台湾(ジョセフ・チェン、アリエル・リン)、'10年には韓国(キム・ヒョンジュン、チョン・ソミン)でドラマ化され大反響を呼んだ不朽の恋愛バイブル。

今作では、ヒロインの相原琴子を、'13年ブレイク確実の若手女優の一人、未来穂香が一途すぎる恋を純情可憐に演じる。また、完璧でツンデレな男、入江直樹役に古川雄輝。直樹にライバル心を燃やし、琴子に切ない片想いをする池沢金之助こと金ちゃん役を山田裕貴が演じ、明るくコミカルな役どころに挑戦する。

ドラマ「イタズラなKiss~Love in TOKYO」
3月29日(金)スタート
CS放送「フジテレビTWO」にて毎週金曜 夜0:00から放送予定

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報