ジャパネットたかた、次のオススメ商品は映画!?

おなじみの口調で映画を熱く紹介する高田社長
  • おなじみの口調で映画を熱く紹介する高田社長

甲高い声と独特の語り口で、テレビショッピング界屈指の人気を誇るジャパネットたかたの高田社長。わかりやすい言葉選びと方言混じりの口調で商品を熱く説明されると、何だか興味がなかった商品もついつい欲しくなってしまう。あなたにもそんな経験はないだろうか?

そんな「販売のプロ」高田社長が、熱弁を奮ってオススメするのが映画『だいじょうぶ3組』(3月23日公開)。と言ってもこれは映画のDVDを販売するという話ではない。ジャパネットたかたのCMにも出演している国分太一が主演を務めることがきっかけで本作を観た社長が、内容に非常に感動したことから、この映画を売り込むためにひと肌脱ぎ、パロディ動画を作ることになったのだ。

気になるパロディ動画は本作の公式サイトで閲覧できる。おなじみの番組テーマソングが流れるオープニングから始まり、高田社長が映画について熱く語った後は、やはりお得意のディスカウント情報。商品を売るわけではないので、何をアピールするかと思ったが、そこはやはり販売のプロ。一般1800円の劇場鑑賞券が1300円となる前売り券の情報をPRしてくれた。こちらの前売り券はジャパネットたかたでは販売されないので「分割金利手数料はジャパネットたかたが負担します!」という殺し文句は聞けなかったが、劇中の乙武洋匡の「だいじょうぶ、だいじょうぶ」というセリフを引用し、締めてくれた。ちなみに劇場鑑賞券の販売は無いが、鑑賞券プレゼントや商品購入者への映画が200円割引となるチラシ(先着20万名)配布といったコラボキャンペーンは3月9日から実施中だ。

乙武洋匡が自身の小学校教師時代の体験を基につづった同名小説を映画化した本作。生まれつき手足がない新任教師・赤尾慎之介役を乙武本人が、幼なじみで赤尾の補助教員である白石優作役を『しゃべれどもしゃべれども』(07)以来、6年ぶりの映画主演となる国分太一が務める。2人の教員が悩み助けあいながら、28人の子供たちに真正面からぶつかっていき、彼らにしかできない授業を実践していく様子を描いたヒューマンドラマだ。パロディ動画には笑ってツッコミを入れつつ、爽やかな感動を呼ぶ本作の熱さをぜひ劇場で感じ取ってもらいたい。【Movie Walker】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報