エマ・ワトソンがシンデレラに!

ディズニー映画でシンデレラに!
  • ディズニー映画でシンデレラに!

『ハリー・ポッター』シリーズで魔女のハーマイオニー・グレンジャーを演じたエマ・ワトソンが、今度はシンデレラに扮することがわかった。

『アリス・イン・ワンダーランド』(11)、『スノーホワイト』(12)、『白雪姫と鏡の女王』(12)などの大ヒットを受けて製作される『Cinderella』でメガホンを取るのは、『マイティー・ソー』(11)、『ジャック・ライアン』シリーズ第5弾『Jack Ryan』(全米12月25日公開)で監督としての手腕を発揮したケネス・ブラナー監督だ。

デイリー・メール紙によれば、「ディズニーが手がける同作では、既に継母役にはケイト・ブランシェットの出演が決まっているが、まだ初期の企画段階で、どのような話に展開するのかは決まっていない」とのこと。どのような味付けにするのかはケネス監督の手にかかっており、今回も力量が試されることになりそうだ。

公開は2014年とまだ先だが、ハーマイオニー以来のエマの新たな魅力が発見できそうで、今から公開が待ち遠しい。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報