鈴木福のデカ長ぶりに、ゆうたろうが「ライバル現る」と大絶賛

ゆうたろうとデカ長扮する鈴木福が初対面!
  • ゆうたろうとデカ長扮する鈴木福が初対面!

鈴木福主演の人気ドラマの映画化『コドモ警察』(3月20日公開)と、「雪印 こんがり焼けるとろけるスライス」チーズとのコラボCMが完成。このCMのお披露目イベントに、デカ長役の鈴木福と、イノさん役の青木勁都、石原裕次郎のモノマネで人気のお笑い芸人・ゆうたろうが登壇。鈴木とゆうたろうは、互いモノマネを披露し合い、会場は大いに盛り上がった。

まずはCMについて鈴木が「お腹を減らしておいたけど少ししか食べられなかった。でも、イノさんはおいしい!と言って1個もらってました」と暴露すると、青木は「残った部分を後で食べたら、あったかいままですごくおいしかったです」と食いしん坊キャラらしい発言をし、会場は大爆笑。

その後、本作でデカ長の大人の時の声を演じたゆうたろうが、グラスを片手に登場。鈴木は、デカ長の役作りのため、ゆうたろうのモノマネを参考にしたそうだ。ゆうたろうは「『なにぃ!?』とか、ブラインドを覗くシーンとか、随所に僕っぽいところがあったから嬉しかったです。裕次郎さんはもっとためるので、僕かなと。福ちゃんありがとう」と鈴木に礼を述べた。

その後、ゆうたろうがふたりに石原裕次郎的デカ長のコツを伝授すると、鈴木はバシッと「なにぃ!?」を決めセリフを口にした。ゆうたろうは「福ちゃんの方が良いですね。強敵現る、ライバル現る」と大絶賛。その後、ゆうたろうが石原裕次郎の名曲「ブランデーグラス」を歌い始めると、鈴木や青木も共に歌い、会場から拍手が上がった。

悪の組織レッドヴィーナスの罠にはまり、特殊ガスをかがされて子供になってしまった神奈川県警大黒署特殊捜査課の面々が、子供の姿のまま犯人逮捕に挑む『コドモ警察』。映画版は、ドラマよりスケールアップし、子役たちは華麗なワイヤーアクションも披露している。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報