三池崇史監督が語る松嶋菜々子の仰天撮影裏話に大沢たかおも笑顔

『藁の盾』の会見に大沢たかお、松嶋菜々子、藤原竜也が登壇
  • 『藁の盾』の会見に大沢たかお、松嶋菜々子、藤原竜也が登壇

三池崇史監督作『藁の盾 わらのたて』(4月26日公開)の完成報告会見が、3月13日にパレスホテルで開催。大沢たかお、松嶋菜々子、藤原竜也と三池監督が登壇した。主演の大沢は「これほど、手足を縛られた感じで仕事をしたのは初めて。役者冥利に尽きます」と語った。会見では、仰天の撮影裏話も飛び出した。

主演の大沢が演じるのは、警視庁警護課のSP・銘苅一基(めかりかずき)役。大沢は本作について「近年ないスケール感やスピード感。あっという間の2時間です。日本の俳優たち、スタッフたち、監督が挑戦して、高いハードルを乗り越えて撮った作品です」とアピールした。

松嶋は銘苅の同僚のSP白岩篤子役。「男性に混じって屈強な男性に見えるようにしました。準備段階では蹴りやパンチをスタントの方に教わりました」と気合十分に臨んだ様子。そんな松嶋について三池監督は仰天のエピソードを語った。「触るとものすごく熱いアスファルトに寝っ転がってなきゃいけない状況があった時、松嶋さんは『大丈夫です。仕事しながら岩盤浴をしてるような感じなので』と言っていて。マイナス点も考え方で乗り切るところがすごいなと」。

藤原は、彼らが護送する凶悪殺人犯・清丸国秀役。松嶋たちSPに暴言を吐くという役柄だが、藤原は「ちゃんと謝りながら撮影していました」と苦笑い。でも、「日本全国民に嫌われたいなと思ってやっていました」と語った。また、三池監督は豪華キャスト陣について「撮っていて喜びを感じる人たち。ワクワクして素敵だった」と充実感あふれる表情を見せた。

清丸を殺せば報奨金10億円という新聞広告に人々が殺気立つなか、彼を警護する銘苅たちは孤独な戦いを強いられていく。大沢たちの他、岸谷五朗、永山絢斗、伊武雅刀らも出演。ノンストップで繰り広げられるハイテンションなサスペンスドラマ『藁の盾』に乞うご期待。公式サイトでは「100万円で接待します。キヨマルキャンペーン」なども開催中だ。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報