“女子高校生”米倉涼子の制服姿が解禁に!

何パターンかある中からスタッフみんなで組み合わせて、この制服に決定したという
  • 何パターンかある中からスタッフみんなで組み合わせて、この制服に決定したという

日本テレビ系4月クールの新ドラマ「35歳の高校生」(毎週土曜 夜9:00-9:54)で女子高校生役を演じる米倉涼子が、はじめて制服姿を披露した。

同作品は、一般の全日制の高校に通う35歳の女子高校生が、独自の視点でクラス内の問題を解決していく姿を描く、社会派痛快学園ドラマ。

新学期、高校3年生を迎えたあるクラスに編入してくるひとりの生徒。彼女は、17歳の同級生と同じ制服を着て同じように授業を受けて課題を提出する一見普通の高校3年生だが、実は35歳。高級外車で登下校したり、休憩時間に喫煙室で一服したり、部活後にビールをあおったり、年相応の一面も持ち合わせる。そんな彼女が、「いじめ」「不登校」「新型うつ病」「建前ばかりの教師」など生徒が抱える“心の闇”に、高校生としての立場で向かっていく。

今回の役どころについて、米倉は、「最初、学校ものをやろう」って言われていて、「たぶん先生だろうなぁ」と思っていたら、「生徒になるから」と言われ、「面白いじゃん!」と思ったという。「やったことのないようなことに挑戦したいと思っているので…自分の中になかった発想なので、すごく面白そうだなぁと思った」と語り、作品への期待が高い様子をアピールした。

昨年はドラマ「ドクターX~」(テレビ朝日系)での高視聴率で話題を集めた米倉が、今度はどんな物語を生み出していくのか、注目が集まりそうだ。

ドラマ「35歳の高校生」
4月13日(土)スタート
毎週土曜 夜9:00-9:54
日本テレビ系で放送

キーワード

[PR] おすすめ情報