グウィネス・パルトロー、ヘルシーダイエットで子供を飢えさせる!?

子供たちに炭水化物を禁止している
  • 子供たちに炭水化物を禁止している

グウィネス・パルトローが、8歳と6歳になる自分の子供に炭水化物を禁止していることを明らかにし、空腹の辛さを感じさせていると書いたため、ネットで大騒ぎになっているようだ。

英紙デイリー・メイルによれば、これはグウィネスが自らの料理本で明かしたもので、スリムな体を保つため自分が行ってきたヘルシーダイエットを子供たちにも実践させているという。また、グウィネスによれば、自分だけでなく、夫のクリス・マーティンや、アップル(8歳)、モーゼス(6歳)の家族のメンバー全員が、グルテンや乳製品、鶏卵を受け付けない体質だという。

「私が話したことのある全ての栄養士や医師、健康に気を使っている人々が、グルテンは消化しにくいという意見で一致しており、グルテンアレルギーの人も少なくありません。私の家族がパスタやパンや白米などを食べてない時は、炭水化物を摂取していないため、私たちは独特の空腹感を覚えます」と料理本に書いたグウィネスに、「ショッキング!」「小さな子供たちに炭水化物を食べさせていないの?悪いけど、それは間違っている。可愛そうな子供たち。成長するエネルギーも与えられていない」などの批判のツイートがネットを駆け巡っている。

グウィネスは、マクロビオティックダイエットを厳格に実践していた頃もあり、空腹を感じる時はアーモンドをかじると語っていたこともあった。ロンドンの栄養士イヴォンヌ・ウェイクは「あまり良いことではありません。特に、彼女の子供たちはやせていますから。子供たちには炭水化物が必要です。脳を機能させるグリコーゲンになります」とコメントしている。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

[PR] おすすめ情報