佐藤健&綾瀬はるかW主演!主題歌はMr.Childrenに決定

黒沢清監督5年ぶり新作の主題歌はMr.Children「REM」に決定
  • 黒沢清監督5年ぶり新作の主題歌はMr.Children「REM」に決定

2012年、映画初主演作『るろうに剣心』が大ヒットした佐藤健と、2013年NHK大河ドラマ「八重の桜」に主演、名実共に国民的女優となった綾瀬はるか。このふたりが映画初共演を果たす『リアル 完全なる首長竜の日』(6月1日公開)の主題歌をMr.Childrenが手がけることがわかった。

新曲は、桜井和寿が映画の世界からインスパイアされて書き下ろしたという「REM」。「Mr.Childrenといえばラブソング、日本一のバラードを歌うバンド、というイメージがあると思うけど、この曲は彼らがロックバンドであるということを知らしめるMr.Children史上、最も激しい曲。日本のロック界の金字塔になるような曲を作ってくれました」と、本作のプロデューサー・平野隆は熱いコメントを寄せる。桜井も「この作品と出会えたことで潜在意識に眠っていた不思議な感情が新たな音となり目を覚ましました」と曲と映画への思い入れを語った。

また、主演の佐藤健は「初めて曲を聴いた時は、こんなミスチル、聴いたことないと思うくらい、攻めていて、格好良い曲だと思いました。中学生の頃からMr.Childrenさんの大ファンだったので、今回の話は本当に嬉しいです」と話す。

映画『リアル 完全なる首長竜の日』は、黒沢清監督の5年ぶりとなる新作。自殺未遂によって意識不明に陥った恋人を救うため、昏睡患者と意思疎通ができる“センシング”を使い、最愛の人の意識の中に入っていく主人公の姿を描くミステリアスなラブストーリーだ。共演には中谷美紀、オダギリジョー、小泉今日子ら豪華実力派俳優陣が顔をそろえる。どこまでが現実で、どこからが意識の中なのか?首長竜とは何を意味するのか?夢のスタッフ・キャストによる、誰も見たことのない、謎と仕掛けに満ちた極上の本作を、話題の新曲と共に体験してほしい。【Movie Walker】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報