エマ・ワトソン、バッド・ガールになって舌なめずり!新作予告編が公開

バッド・ガールになって舌なめずり!
  • バッド・ガールになって舌なめずり!

エマ・ワトソン主演、ソフィア・コッポラ監督の『The Bling Ring』の予告編が公開になり、優等生ハーマイオニーのイメージがぶっ飛ぶようなエマのワルぶりが話題になっている。

予告編では、アニマルプリントに黒レースが施された、まるでヤンキーのようなブラジャーを身に着けたエマや、ナイトクラブでがんがん踊りながら舌なめずりをしているエマなど、これまで見たこともないような彼女の姿が見られ、ハリポタ時代のエマのファンには刺激の強い内容になっている。

同作は、パリス・ヒルトン、リンジー・ローハンやオーランド・ブルームなど、ハリウッドのセレブの邸宅ばかりを狙って空き巣に入っていたたティーン窃盗団、Bling Ringの実話に基づいており、エマは、テレビのリアリティー・ショーにも出たことのある窃盗団のメンバー、アレクシス・ネイアーズをモデルにしたニッキーの役を演じている。同作の撮影は2012年2月から行われていたが、エマは撮影当時のロサンゼルスでの生活について、「テレビのリアリティー・ショーをたくさん見たわ。ブラウン大学で学んでいたから、ヴァージニア・ウルフを読む生活から、キム・カーダシアンを見る生活に移るような感じだった。超高級なものと、超低級なものが混ざったようなカルチャーが大好きだったわ。ナイスな感じのバランスだと思った」とEW.comに語っている。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

[PR] おすすめ情報