アデル、挙式でのパフォーマンス料は1分1450万円要求に大富豪も唖然!?

あまりに法外な要求だった!?
  • あまりに法外な要求だった!?

2012年、音楽業界で各賞を席巻すると共に、レコードセールスなどで様々な金字塔を打ち立てたアデルは、大ヒット作『007 スカイフォール』(12)のテーマソングを手がけ、第85回アカデミー歌曲賞を受賞するなど、今や音楽業界のトップの座に君臨した。

しかし、そのディーバぶりは少々行き過ぎているようで、関係者からも驚きの声が挙がっている。「南アフリカの実業家ヴィヴィアン・イマーマンは総資産5800億とも言われる大富豪ですが、彼がアデルにロンドンで開催される娘のミーガンの結婚式に25分間のパフォーマンスをお願いしたところ、アデルから250万ポンド(約3億6000万円)を要求されたそうです」。

「ヴィヴィアンは、3年前に行われた長女ビアンカの挙式で、故エイミー・ワインハウスに何度もパフォーマンスを頼んでいたので相場はわかっていましたが、アデルのギャラには唖然としたようです。彼の資産から考えれば払えない額ではありませんが、1分で10万ポンド(約1450万円)はあまりに高すぎるので、別のアーティストを探しているようです」と、関係者がデイリー・スター紙に語っている。しかし。アデルにとって、このオファーを断るのは全く痛手にならないようだ。

「アデルは、エスティーローダー、ロレアル、ディオールなど大手化粧品メーカーから、広告塔をオファーされています。その額は1000万ポンド(約14億5000万円)とも言われています。アデルの要求は高く、広告内容が自分の音楽のイメージに合うことが条件ですが、それでもアデルと手を組みたいというニーズがあるのです。そのニーズに応えないものとは仕事をしないスタンスですし、挙式でのパフォーマンスのオファーを断ることは、ギャラの面でもアデルにとってはたいしたことがないのです」と、別の関係者がザ・サン紙に語っており、ディーバ・アデルは無敵の快進撃を続けている。【NY在住/JUNKO】

キーワード

[PR] おすすめ情報