動物の殺処分というシリアスなテーマに57%が「考えさせられた」と回答

殺処分される犬を一匹でも減らそうと里親探しに奔走する神崎彰司を演じる堺雅人
  • 殺処分される犬を一匹でも減らそうと里親探しに奔走する神崎彰司を演じる堺雅人

平松恵美子監督が堺雅人×中谷美紀共演で、宮崎県の保健所で起こった犬と人間の実話を映画化した『ひまわりと子犬の7日間』(3月16日公開)。本作の公開に先駆け、女性を対象に行われた試写会上映後のアンケート調査からは、97%が「泣いた」、57%が「考えさせられた」と回答。動物の殺処分というシリアスなテーマを扱った本作が、命について考えるきっかけになっていることがうかがえる。

本作で、もっとも印象に残った登場人物には、75%が堺演じる主人公の神崎彰司をあげ、「役柄によって違う人間と感じるくらい、自然とその役になっている」(39歳)、「方言が良かった」(27歳)、「仕事とはいえ割り切れない人情が表現されていた」(42歳)など、堺の演技に好評価の声が集まった。また、本作で映画初出演を果たしたオードリーの若林正恭に「映画の良いスパイスになっていた」(42歳)、「存在自体がよかった」(39歳)などと、好評だったもよう。ひまわりを演じ、共演者からも絶賛の声があがっていた犬のイチにも、「犬の表情で泣けました」(48歳)、「母犬の表情と、回想シーンがとても良かった」(44歳)など、観客の心をつかんだようだ。

87%が「本作を人にすすめたい」と回答し、その理由として、「ペットを飼うこと、動物の命について、特に子供たちに考えてもらいたい」(36歳)、「厳しいけれど、家族のあり方を考えさせられる」(38歳)、「犬や動物が苦手な人は、映画を観たら世界観が変わるはず」(39歳)、「興味が無いという人にこそすすめたい」(32歳)などという意見が寄せられた。是非とも本作を、人間と動物の在り方を考える機会にしてほしい。【Movie Walker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報