堺雅人、中谷美紀と「人生初めての共同作業」

堺雅人、中谷美紀が初日舞台挨拶に登壇
  • 堺雅人、中谷美紀が初日舞台挨拶に登壇

堺雅人主演『ひまわりと子犬の7日間』の初日舞台挨拶が、3月16日に新宿ピカデリーで開催。堺雅人、中谷美紀、オードリーの若林正恭、吉行和子、子役の近藤里沙と藤本哉汰、平松恵美子監督が登壇。会場には映画にちなみ、ひまわりのくす玉が用意された。堺は、犬のイチを気にしながらも、中谷とふたりで「初めての共同作業ですね」とおちゃめに笑いながら、くす玉のヒモを引いた。

2007年、宮崎県の保健所で起こった犬と人間の奇跡の実話を映像化した本作。念願の宮崎弁での演技をした堺は「夢が叶って非常に嬉しかったのと、素晴らしいみなさんに自分が生まれ育ったなまりをしゃべっていただいたことが非常に喜びでした」と微笑みながら語った。

堺は現場でキャスト陣の宮崎弁をチェックしていたそうで、中谷は「大変厳しい方で、堺さんNGが出たこともあって」と告白すると、堺は「ないない!」と大慌て。中谷は「スパルタ教育って感じで。笑顔でスパルタなんですよ」と続けると、堺は「ついつい夢中になってしまって。すみませんでした」とタジタジで謝罪をした。

映画初出演の若林は「堺さん、でんでんさんがお笑いが好きだそうで。スリムクラブとか。でも、オードリーは出てこなかった」と残念そうに告白。初の映画の現場について「音が入っちゃいけないので、スタッフ笑いがなくて。何をやっても滑ってる気がしました」とコメント。本作に出演し、犬嫌いを解消した吉行は「飼うことは不可能なので、ぬいぐるみを買いました。それがとっても気に入ってます」と笑顔で語った。

最後に平松監督が「憎しみの連鎖ってテロリズム、いじめの問題などがありますが、愛情の連鎖だってあると信じて、この映画を作ろうと思いました。愛しい作品になっています」と力を込めて語ると、堺も「あったかい宮崎で作った映画なので、あったかい気持ちになってください」と締めくくった。後半では、劇中で熱演を見せた犬のひまわり役のイチも登場し、全員笑顔でフォトセッションを行った。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報