ウエンツ瑛士とゴリが平愛梨の天然ボケに突っ込みまくり!

吹替声優を務めたウエンツ瑛士、平愛梨、ゴリ
  • 吹替声優を務めたウエンツ瑛士、平愛梨、ゴリ

不朽の名作「ジャックと豆の木」をモチーフにした3D映画『ジャックと天空の巨人』(3月22日公開)の完成披露試写会が、3月18日に丸の内ルーブルで開催。本作で日本語吹替版の声優を務めたウエンツ瑛士、平愛梨、ガレッジセールのゴリ、スリムクラブの真栄田賢、博多華丸・大吉が登壇した。平が「今日は雨のなか、お越しくださいまして。あ、雨、降ってなかった!」と天然ボケをお見舞いすると、ウエンツやゴリからは「おいっ!」と突っ込み攻撃が入り、会場は大爆笑となった。

ウエンツは主人公のジャック役について「(プレッシャーなどは)あまり考えずに、面白い作品だったので声に合わせること、世界観を壊さないことだけを考えてやりました。また、恋仲になる部分もあるんです。(平と)感情も合いながらできたので、素敵な作品になっていると思います」と、アフレコの手応えをアピールした。

平はプリンセス・イザベル役で日本語吹替に初挑戦し、完成版を見た時は号泣したそうだ。「これまでは見てる側だったので、私なんかの声が重なっているのに感動し、涙が止まらなかったです」と感無量。今日の衣装について、平は「草のブレスレット、ティアラをつけさせてもらって。ドレスもカーテンみたいな」と言うと、ウエンツやゴリから「カーテン!?」とまたもや突っ込みが。平は負けじと「ゴリさんは何にたとえますか?」と振ると、ゴリはタジタジで「そりゃ、あれでしょ。あれ。粉薬飲む時の薄い…。ごめん。確かに出ないわ。カーテンでお願いします」と降参し、会場はまた爆笑の渦に包まれた。

最後に、映画の設定どおり、ジャック役のウエンツが豆をまくと、会場には大きなバルーンのツタが現れ、客席やゲスト陣から「おお!」と歓声が上がった。巨大なツタが何本も上がるなか、イベントは大盛況のうちに幕を閉じた。

『X-メン』シリーズの鬼才ブライアン・シンガーが監督を務める本作。ウエンツも「3Dで見ていただくと迫力がありまして。是非、吹替で楽しんでください」と語っていたが、確かにスリル満点の3D映像が愉快な本作は大画面で観賞したいアクションアドベンチャー大作だ。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報