ジャスティン・ビーバー、パリの一流ホテルから追い出された!?

素行が悪いから?
  • 素行が悪いから?

ロンドン公演では2時間の遅刻や、コンサート中に呼吸困難で倒れるなど、何かとトラブル続きだったジャスティン・ビーバーが、パリでは宿泊中の一流ホテルから追い出されたという。

ジャスティン・ビーバーが泊まっていたのは、フランスで5つ星を超える新たな最上級格付けとして導入された“パラス”に認定されているホテル・ル・ムーリス。パラスに認定されているホテルはフランス国内に8軒しかないそうで、ル・ムーリスは特に気品ある大人のホテルとして知られているという。

ジャスティン・ビーバーは3月17日に同ホテルにチェックインしたが、わずか一日でチェックアウトしたそうで、パリ在住のテレビ番組司会者ジャン・マルク・モランディーニが、「ジャスティン・ビーバーがル・ムーリスから追い出された。最高級ホテルの経営幹部たちは、彼の素行の悪さと、ホテルの外側に集まっているファンの騒音で決断を下したようだ」と自らのブログに書いている。

しかし、ジャスティンのスポークスパーソンは、この記事を「ナンセンス」だと否定し、「ジャスティンは自らの意志でホテルを変えました。ホテルの玄関で数人のファンと話していたら、大勢のファンが集まったからです。最初のホテルには入口が一つしかなく、他の人々に危険が及ぶかもしれないと思い、別のホテルに移りました」とコメントしている。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報