【関西ウォーカー最新号】明日3/20(祝)~スタート!「瀬戸内国際芸術祭2013」特集も!

男木島の港にある「男木島の魂」(ジャウメ・プレンサ)。日本語やアラビア語などの文字が組み合わされ、世界の多様さを表すと共に、その影を地面に映す。光を投射する夜も見もの。
  • 男木島の港にある「男木島の魂」(ジャウメ・プレンサ)。日本語やアラビア語などの文字が組み合わされ、世界の多様さを表すと共に、その影を地面に映す。光を投射する夜も見もの。

瀬戸内の島々を舞台に、3年に一度開催される現代アートの祭典で、第一回目の2010年には約94万人が訪れた「瀬戸内国際芸術祭」。

二回目にあたることしは春・夏・秋と3シーズンにわたって開催されるが、いよいよ明日3/20(祝)から春シーズンがスタートする。【~4/21(日)】

現在、発売中の関西ウォーカー最新号で掲載中の特集「島を巡るアート旅~瀬戸内国際芸術祭2013~」は、約200のアートのなかからセレクトした目玉アートNEWSや、島別のアートカタログ、島限定グルメなど、イベントをまるまる楽しめる内容だ。

書店・コンビニで関西ウォーカー最新号をチェックして、島から島へのフェリー移動で静かに流れる瀬戸内の島タイムに浸りつつ、最先端の現代アートを鑑賞しよう!

※3/26(火)からは、WEB連載「瀬戸芸Walker」もスタート!

http://www.walkerplus.com/

【関西ウォーカー編集部/金山友香】

【イベント内容】
瀬戸内国際芸術祭2013
【会期】春:3/20(祝)~4/21(日)、夏:7/20(土)~9/1(日)、秋:10/5(土)~11/4(月)
【開催エリア】直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、犬島、沙弥島(春)、本島(秋)、高見島(秋)、粟島(秋)、伊吹島(夏)、高松、宇野
【問い合わせ】087・813・2244(芸術祭総合インフォメーションセンター)

キーワード

[PR] おすすめ情報