チーム・ジャパンはひとつ!高橋大輔、浅田真央、鈴木明子らが“世界フィギュア”国別対抗戦2013の日本代表に決定!

世界フィギュアスケート国別対抗戦2013の日本代表選手が決定!
  • 世界フィギュアスケート国別対抗戦2013の日本代表選手が決定!

3月24日、「世界フィギュアスケート国別対抗戦2013」の出場選手が高橋大輔、浅田真央、鈴木明子、無良崇人、アイスダンスのキャシー・リード&クリス・リードペアに決定。テレビ朝日局内にて行われた会見に高橋、浅田、鈴木のほか、メインキャスターの松岡修造、特別解説を務める荒川静香が登壇した。

キャプテンを務める高橋は、「ことしもキャプテンをやらせていただくことになりました。いまだに慣れないですが、今回も精一杯頑張っていきます!」と挨拶。鈴木は国別対抗戦に懸ける思いについて、「先日の世界選手権は今シーズンを(気持ちよく)締めくくれるような演技ではなく、ここ(国別対抗戦)でもう一度チャンスをもらったので、今シーズンの締めくくりとして最高の演技をしたいです。みんなで力を合わせて最高の締めくくりにできれば」と語った。

また、'14年のソチオリンピックから正式種目になる国別対抗戦について浅田は、「(普段は)一人でやるスポーツですが、最近団体戦ができて、いつもシンクロやサッカーなどの団体の競技を見ていて、一緒に頑張っている仲間がいることがいいなと思っていたので、とてもうれしく、楽しみです!」と期待を膨らませ、鈴木も、「普段はライバルですが、力を合わせて演技も結果も共有でき、演技に対してみんなで喜びを分かち合えるところがうれしい」と国別対抗戦ならではの良さをコメント。

そんな出場選手たちの意見に荒川も、「普段は個人競技ですけれど、楽しそうなんですよ。キスアンドクライとかで応援する感じが」と見どころを述べた。さらに、松岡から「どんな雰囲気をリーダーとして作っていきたいか」と尋ねられると高橋は、「緊張感すらも楽しみたいです。ある意味(団体戦では失敗をしたとしても)まるっと“できなかった頑張ってくれ”って、(次に滑る選手に)投げれるくらいの、その信頼関係が一番楽しめるものかなと思って。いつも通り自然体でいることが、良い演技につながるのでは」と団体戦へ向け思いを語った。

「世界フィギュアスケート国別対抗戦2013」
4月11日(木)19:00-21:54 男子ショート・女子ショートほか
4月12日(金)19:30-21:54 男子フリーほか
4月13日(土)18:30-21:30 女子フリーほか
4月14日(日)18:56-20:53 エキシビジョン
テレビ朝日系で放送

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報