ロバート・パティンソン、きわどい性描写のディオールCMに登場?

かなりエロティックな内容の映像だという
  • かなりエロティックな内容の映像だという

ロバート・パティンソンがディオールの香水の広告塔を務めることになったという報道が2012年10月にあったが、ロバート側もディオール側も認めることはなかった。しかし、英紙ザ・サンの報道によれば、ロバートは香水ではなく、メンズファッションブランドのディオール・オムのキャンペーン用CMを既に撮影しているという。

同紙によれば、撮影が行われたのは、2012年、クリステン・スチュワートの不倫が発覚してから少し経った頃だったようで、ロバート・パティンソンは上半身裸でヌードの女性モデル3人と絡んだり、ディープキスをしたり、かなりエロティックな内容の映像だという。

「そのコマーシャルにはきわどい性描写がある。コマーシャルでどこまで許されるのかという限界に挑んでいる。ロバートは、一部では上半身裸だし、モデルの一人と舌を絡ませてキスしている。彼は本当に本気でやっている。別のシーンでは、裸のままで3人のモデルたちと4Pのようなことをしている。あのシーンがファイナル版で使われるかどうかは疑問だが。撮影現場にいた人たちの話によると、ロバートは説得する必要などなく、やる気にあふれていたらしい」と、関係者がザ・サン紙に語っている。

ディオールは、セクシーなCMで話題作りを狙っているようだが、最終的にはポルノ的ではなく、アート風の仕上がりになるだろうという。問題のCMは5月から放送されるという。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

[PR] おすすめ情報