解散を控えたファンモン・ファンキー加藤の「この映画と出会えた運命に感謝」の言葉に、監督・ウッチャン感動!

2度目の映画監督を務めたウッチャンと、FUNKY MONKEY BABYSのファンキー加藤の特別対談が実現!
  • 2度目の映画監督を務めたウッチャンと、FUNKY MONKEY BABYSのファンキー加藤の特別対談が実現!

鈴木おさむ原作のベストセラー小説を、ウッチャンナンチャンの内村光良が監督を務め映画化した『ボクたちの交換日記』が3月23日(土)に公開される。自身もお笑い芸人でありながら“映画監督”として売れないお笑い芸人コンビの夢と挫折を描いた内村監督と、書き下ろし楽曲「サヨナラじゃない」を提供したFUNKY MONKEY BABYS(FMB)のリーダー・ファンキー加藤の特別対談が実現! もともとFMBが大好きだったという内村監督の熱烈なラブコールによって実現した、夢の組み合わせの裏事情について語ってもらった。

主題歌のオファーを受けた時点で加藤は、既に原作本を読んでおり、コンビの“夢”と“別れ”が描かれる本作に強烈に惹かれていたようだ。「すごく共感できる内容の物語だったんです。今はもう音楽をやめてしまった地元・八王子の仲間たちと、一緒にクラブで歌っていた頃のことなんかが鮮明に甦ってきて、とても素敵な話だなって。それが内村監督で映画化されるということで、お話をいただいたときは嬉しかったですね」。

映画を観て加藤が抱いた感想は、「途中で、もう観ていられない!ってなるくらい、辛いシーンもありました。特に嫌だったのは、(小出恵介演じる)甲本が大事なお笑いコンテストでネタを忘れて失敗してしまうシーン。観ていて、“これはひどい映画だ!”って思いましたよ(笑)」。内村監督も笑ってうなずきつつ、「小出君は、それまでのコントよりも、その“忘れる”芝居がメチャクチャうまい(笑)。あそこで急に役者が出てくるんです(笑)」。

そして、劇中でコンビの“解散”が描かれているところも、やはり加藤にとって共感ポイントだったようだ。「やっぱり、夢を諦める瞬間が描かれていたところが印象的だった。公表はされていなかったけど、僕ら(FMB)の解散も決まっていたので、とても身近な物語に感じられて、これは自分たちの物語だって思えるほどでした」とのこと。内村監督は、「実は彼らの解散については、後から知ったんです。でも、映画の内容とリンクしちゃってますからね」と、偶然の巡り合わせだったことを明かした。

「サヨナラじゃない」は、映画を見てから書き下ろしたそうだが、その歌詞は「驚くほど自然に出てきた」と語る加藤。「映画から全てインスパイアされたというよりは、本当に自分たちのナチュラルな気持ちを歌えば、映画にハマるんじゃないかなって思いました。だから伝えたいこと、歌いたい言葉が沸いて出てきました。おそらく、運命に導かれて決まったことなんじゃないかって思います」。内村監督も、完成した曲を聴いて大満足の様子。「ラストシーンからの流れにバッチリ合っていて、すばらしい。これまで何回かやった試写会でも、主題歌のおかげで、エンディングの途中で帰る人がいないんですよ。ずーっと聴いてくれるっていうのが嬉しいですね」。

現在、6月の東京ドームでの最後の公演を目指し、全国ツアー真っ最中のFMB。気持ちが入りすぎるあまり、ライブでは音程を外してしまう事もあるという「サヨナラじゃない」は、彼らのファンにとって“救いの曲”になったのだそう。「(メンバーの)DJケミカルがいずれ住職になることは、2004年の結成時から分かっていた。だから、僕らは解散してしまう寂しさよりも達成感の方が大きいんです。よくこの3人で、こんなに大きな会場でライブやれるようになったねって。だけど、そんなことを思ってなかったファンの子は、解散発表に悲しんで、割り切れない思いを抱えながらもツアーに来てくれて…。そんな時に、映画のオファーを受けて生まれた『サヨナラじゃない』がファンの心の拠り所になれたと思うんですよ。“大丈夫なんだ、繋がっていられるんだ”って。悲しみを和らげてくれる曲になっているんです。主題歌のオファーがなかったらこういう曲を用意することはなかったので、僕は、この映画と出会えて本当に感謝しています。映画から生まれたこの曲が、結果的にファンのみんなも救ってくれたから」。

「映画と出会えた運命に感謝」との加藤の言葉に少し照れながら、「脚本を書いているときに“ファンモンがいいな”と思ったのは偶然なんですけどね(笑)。でも、この曲のおかげでこの映画が成立している部分もあると思いますね」と、嬉しそうに笑う内村監督。よくライブにも足を運んでいるそうで、「映画の編集でいっぱい聞いているはずなのに、ライブで聴くとまた全然違うんだよね。『サヨナラじゃない』から『あとひとつ』への流れとかとても良くて、鳥肌ものですよ」と、“生「サヨナラじゃない」”の良さについても力説していた。

“サヨナラじゃない あなたと描いた明日へと続く物語がある”と、FMBが歌い上げるように、映画と主題歌の前向きで熱いメッセージが詰まった映画『ボクたちの交換日記』。是非劇場のスクリーンで、最高潮に感動できるラストと、楽曲の流れるエンディングを存分に味わってみてほしい。【トライワークス】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報